中国語まったり学習記

中国語と悪戦苦闘している中級レベル程度の管理人が、復習とモチベーション維持のため、勉強を通して、分かったことや気づいたことなどを中心に書き留めています。

 

日本語と意味や用法が違う中国語

【中国語】沧桑 cāngsāng

 今回の「沧桑」という中国語は、「沧海桑田 cānghǎi sāngtián」という成語を略した単語です。「沧海(滄海)」は「青々とした広い海」のこと。その海が「桑田(桑畑)」になるくらい「世の中の変化(移り変わり)が激しい」ということを表します。


明治维新以来、日本经历了沧桑的变化。
明治維新以来、日本は激しい変化を経験しました。

我好久没有回家乡了,家乡变得很沧桑。
久しぶりに帰省すると、故郷は激変していた。


 ちなみに、この「沧桑/沧海桑田」という中国語は、オレは初めて知ったけど日本語にも入っていました。日本語では「滄桑(そうそう)」「滄海桑田(そうかいそうでん)」のほか「滄海の変」「滄海変じて桑田となる 」「桑田変じて滄海となる 」とバリエーションが豊か。意味は中国語と同じです。


中国語「沧桑」の意味は?


 中国語の「沧桑」では、本来の意味から派生して「人生に激しい変化がある⇒人生でいろいろ浮き沈みや苦労を経験する」という意味合いでも使われるとのこと。


人生只有经过沧桑才能悟。
人生は浮き沈みを経験してこそ悟ることができる。

那样的话,只有历尽沧桑的人才能说得出来。
そのようなことは、人生でいろいろ経験し尽くした人だけが初めて言えることです。


 この流れで、「沧桑」は人を形容して、「人生の浮き沈みを経験した」とか「いろいろ苦労を重ねてきた」といった人を表せます。


他是个沧桑的人。
彼はいろいろ経験してきた人です/人生経験が豊かです/苦労人です。

他现在十八岁,但是因为十六岁踏入社会,所以很沧桑。
彼は今18歳だが、16歳で社会人になったので、いろいろ経験している。


 人生でいろいろ経験すると容貌にも表れます。年齢より老け顔になったり、苦労してげっそりした顔になったり、若者だと年齢の割に大人びた顔になったりとか。顔が人生経験を通して変わると言うことで「一脸沧桑」とか「满脸沧桑」という表現もよく使うとのこと。


他长得很沧桑。
彼は(年齢の割に)大人びている/老けている。

我妈突然间会变沧桑了。
うちの母は急に(苦労のために)げっそりして老けた。

每天都是一脸沧桑,什么时候能真正快乐起来。
(苦労続きで)毎日疲れた顔をしているけど、いつ本当に幸せになれるのだろう。

三十年后相聚的同学们都是满脸沧桑的。
30年後に集まった同級生たちは(いろいろ経験して)大人の顔になっていた。


 人生でいろいろ経験するということは、それなりに年齢も重ねているので、当然顔は老けます。「沧桑」は「(顔が)老ける」の遠回しの言い方としても使えるとか。


テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術