スポンサードリンク

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

行动是成功的开始,等待是失败的源头。Action is the beginning of success. Waiting is the starting of failure.


从你现在的地方开始。有什么就用什么。做你力所能及的。 Start where you are. Use what you have. Do what you can


热门博文
  NEC Direct(NECダイレクト)

中国語の発音「反り舌音」 zh、ch、sh、r

 中国のネットをみていたら、「孩子6岁,翘舌音和卷舌音发音不准」という悩み相談が目に付いた。

  • 翘舌音 qiàoshéyīn
反り舌音」のことで、ピンインの「zh」「ch」「sh」「r」
(舌を上あごに向けて巻く)


  • 卷舌音 juǎnshéyīn
巻き舌音」のことで、「儿 er」化するときの音。
(舌を奥の方に巻き上げる)

上の悩みは「6歳の子供の巻舌音と反り舌音の発音が正しくない」という内容。どちらの音も日本語にない舌使いで、オレも超苦手なので、中国人でも悩むのかと、ちょっと安心。特に、反り舌音「zh,ch,sh,r」は下の図のように、舌を上げるだけでなのに難しい。できないものはできない!だって日本人だもの…。

中国語 学習 勉強

 
ということで、オレは、前にも書いたことがあるけど、中国の南方や台湾では、ほとんど舌を反らないので、反らすよりも意志疎通の方が大事だと、反り舌音の習得をふっきり(?)ました。

 しかし、最近中国語の勉強を始めたばかりという日本人で、きれいに反り舌音を出す人がいて衝撃を受けました。習い始めのころは、基本に忠実というか素直。オレもそうだったと反省して、初心に返って発音練習することにしました。「ch」と「zh」の聞き分けも苦手だったので、ちょうど良い機会。あえて、外国人向けでは無く中国人の幼児向けの教材でやってます。飽きてくるけど、真似すると舌も耳も馴れてきます。オレみたく苦手な人は、たまにやってみると良いと思います。

 あと、「巻舌音」の方は反り舌音とは違った難しさがあります。ピンインと実際の発音が全然違っていて、時々英語的な響きに感じることも。この方は方言系ということもあって、これいった教材がないので勉強しにくいです。

 ところで、最初に紹介した悩み相談、その中身を、よくよく内容を読むと、いわゆる子供の舌が短いのではないか、というのが主旨。これに対して、診察してもらって、もしそうならば手術した方が良いと医者が回答していて、オレの発音ごときの悩みではなく「不好意思」(汗)。

スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

中国の小学校「国語」教科書。小1用でも侮るなかれ!

 ここのところ、年に数回ある中国語のスランプ期。街中ではアチコチから中国語が聞こえてきて、けたくそ悪いこと(笑)。そんな時、ふと中国人はどんな感じで中国語を学校で習っているのか気になり、実際に中国の小学校で使われている「語文(国語)」の教科書を見せてもらいました。

 現在の中国では小学校は6年制から5年制への移行期間中みたいで、両方が混在しているのだとか。今回見たのは5年制の教科書。4、5年生のものはオレのスランプを更に悪化させそうなほどの高レベルだったので、それならばとプライド?を捨て入学したての「ピカピカ」の1年生用を拝借。

hyoushi ue

 小1国語の最初なら、「さいた さいた さくらがさいた」的な幼稚なものを想像していたら、ところがどっこい、全体的に1年生用と思えないほどの高レベル。中国語初級の後半から中級レベルに近い内容です。でも外国人向けの教科書みたいな配慮?がなく、本文にでてくる文法や単語は「容赦なし」、まさにネイティブ向け。その分、内容に勉強になるところが少なくないです。1年生用とはいえ侮ってはなりません。

 この中国の小学1年生用「語文」教科書(上冊)の内容を下記のサイトに掲載しました。興味があれば覗いてみてください。中国語の勉強にもなると思います。

⇒中国の小学校「国語」教科書で中国語を勉強!


スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

Cyta.jp(サイタ.jp)で中国語個人レッスンを無料体験してみた。

中国語の授業は学校みたいな集団形式よりも、個人レッスン(一対一)の方が好き。それは、他人がいるとなんか気恥ずかしいから(笑)。反面、ずっと集中しないといけないから結構しんどいけど・・・。しかし、この個人レッスンは授業料が高い!うちの近所では60分で5000~8000円が主流。これでは経済的にはちょっと厳しい。

そこで、少し前に雑誌で見て気になっていた「Cyta.jp(サイタ.jp)」いう”習い事”サービスの中国語講座を利用してみたので紹介します。


サイタは「習い事」個人レッスン専門


この「Cyta.jp(サイタ.jp)」は、中国語など語学をはじめ楽器などの趣味関係、そしてパソコンや資格対策など300種類(公称)の分野で、習いたい人に合った個人レッスン専門の先生を「安排」してくれるというものです。です。インターネット上(オンライン)ではなく実際に面会して講座を受けます。





サイタは無料体験から


「Cyta.jp(サイタ.jp)」では、無料体験を受けてみてから正式に入会するという流れを取ります(先生が気に入らなければ、別の人で無料体験することも可)。うちの近所で良さそうな先生がいたので、試しに無料体験の申し込みました。

インターネットから申し込みをすると電話がかかってきて(オレの場合は翌日でした)、先生や授業内容、日時の希望などを聞かれます。その後で先生からのメールが届いて日時や場所を確定させます。また授業の前日にも確認メールがきます。

そして当日。最寄駅近くのカフェが”授業場所”だったので、そこで待ち合わせ。今回の先生は山東省出身の若い女性で日本語は超ペラペラ。来日4年目で大学院生とのこと。一応教材を用意してくれていたけど、初めてだったので中国語で雑談。ざっくばらんな感じで緊張がすぐ解けました。雑談とはいっても要所要所で発音や間違いなどを指摘されて、ちゃんと授業になってました(笑)。中国語の勉強はネイティブと話すのが最善だと思っているので、オレにはぴったりの授業でした。

正式に入会すると授業の進め方や教材は先生と相談して決めるとのこと。授業の翌日に事務局から受講確認の電話が入りましたが、そのあとは営業や勧誘は一切ありません。

サイタを無料体験してみた感想


「Cyta.jp(サイタ.jp)」に登録されている先生は、独自の採用基準で一人一人面接を行い、時には運営会社が覆面調査も行うことで、先生の「質」の保持に努めているというだけあって、確かに今回の先生も中国語を教えるという意識の高さが伝わってきて好感がもてました。

今回の無料体験を通して感じたことをまとめみると、

「Cyta.jp(サイタ.jp)」のよいところ


  • 一対一の個別レッスンであること。
  • 授業の日時は先生と調整できる。
  • 中国語の登録している先生は中国人が多い。また質が高い(はず)。
  • 無料体験をしてから入会できる(先生を何回も品定めできる)。
  • 入会後の授業料は60分3700円(税込)で一対一としては格安。支払いも受講した分だけでOK。
  • 随時すぐに辞められる。

「Cyta.jp(サイタ.jp)」のよくなかったところ


  • 無料体験の申込電話が時間帯によってはつながりにくい(ネットから申し込んだ方が良い)。
  • 授業の場所がマクドナルドやスターバックスなどのカフェの店内(個人的に落ち着かなった)。
  • 土日や夜間可能な先生は限られている。
  • 都市部に先生が集中している(中国語はマシ)。


オレはカフェでの授業が嫌なのと、授業の時間帯が合わせにくかったので今回は保留。でも、サービスとしては「Cyta.jp(サイタ.jp)」は料金も含めて魅力的です。

自宅や会社などの近くに開講していたら一度の無料体験を受けてみる価値はあると思います。公式サイトで確認してみてください。今なら入会金8000円が無料になってます。


▼「Cyta.jp(サイタ.jp)」の詳しいことはこちら▼







スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

胎児、乳幼児向け英語教材で、子供の「外国語の耳」づくり。中国語にも有効。

 友達の奥さんが初めて妊娠したというので、お祝いに家に行くと英語のCDが流れてました。胎教のためだとか。初めての子供なので、かなり気合入ってるなと思って、からかい半分で話を聞いてみると、これが実に「有道理」! さらに調べてみると、オレがなんで聴き取りが苦手なのか、その原因のひとつが分りました。

赤ちゃん

 胎児から3歳ぐらいまでは「黄金期」といって、人生で最もが幅広い周波数の音を聞き取れる高度な聴覚を持っているそうです。

 例えば、日本人にとって苦手な英語の「L」と「R」の発音を聴き分けも、生後6か月ではアメリカ人と同じように識別できるらしいです。でも、そこで何も訓練していないと、だんだん「日本語の」に特化されていくため、英語の音を聴き分ける能力が失われてしまうそうです。

 「日本語の」になると、なぜ英語の聴き分けができなくなるのか。それは各言語に存在する固有の周波数帯(音域)によるからです。下図のように、英語は周波数が高めで、日本語は低い言語です。「黄金期」に英語を聴かせることで、高い周波数にも対応した「英語の」を育てられるということです

言語の周波数帯 英語 日本語 中国語
(出典http://www.enjoy.ne.jp/~k-ichikawa/languageFreq.html)

 中国語に注目してみると英語と日本語の中間ぐらいで、「英語の耳」と「日本語の耳」があれば対応できます。この図によると、ロシア語は外国語の聴き取りには有利な言語だと言えます。

 一度「日本語の耳」だけになってしまうと、周波数が高い英語や中国語の聴き取りに苦労することになります。オレはまさにその状態。あと、聞き取れない音は発音できないということなので、発音が悪いのも、そのせい。「耳」づくりには「時すでに遅し」「没办法」です(笑)。これまで通り、努力と根性?でカバーしていくしかないと再確認できました。

 でも、お腹の中の赤ちゃんや乳幼児には間に合います。親御さんは、一生に一度だけの短い「耳の黄金期」を逃さないで、この時期にしっかり感度の良い耳を育てるといいと思います。国際化の時代、将来のお子さんの外国語習得に役立つはずです。

 ちなみに、友人が胎教に使っていたのは、アルクの「エンジェルコース」という英語教材でした。これは、英語を習得するのではなく、あくまで「英語の耳」を育てる目的のものです。先にも書いた通り、「英語の耳」は周波数的には中国語にも対応します。オレに子供ができたときは、絶対やります。呵呵


⇒胎児から3歳向け英語教材「エンジェルコース」公式サイトはこちら(クリック)




スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

中国語の上達は「動詞の攻略」にあり。

 日本語は英語や中国語など外国語に比べて、動詞の地位がかなり低い。このため、日本語を母語とする人は、動詞を使いこなすクセが無いので、外国語がなかなか習得できない。

 こう言うのは、20ヶ国語をマスターしたプロ翻訳者の網野智世子さん。彼女がこれだけの外国語を習得できたのは、独学している中で動詞の重要性に気づき 動詞中心に勉強した結果だとか。中国語動詞の地位が高いので、動詞を先ず抑えると上達が早いそうです。

 確かに、中国語には日本人にとって馴染みにくい動詞の使い方が多いです。

例えば、


・彼女はきれいだ。→ 他长的很漂亮。
・彼は脚が速い。 → 他跑得很快。
・彼は歌がうまい。→ 他唱歌唱得很好。


日本語の方は形容詞だけ、中国語では動詞を使って表現するのが自然。こうみると、動詞に注目するのは中国語上達の近道というのも頷けます。今後意識してみようと思います。

この網野さんが実体験に基づいて独自に監修した「動詞」を新しい切り口にした中国語教材があります。
網野式動詞フォーカス中国語入門」です。





【網野式】動詞フォーカス中国語入門 

これまで、動詞に焦点を当てたものは見たことがなかったので、網野式は目から鱗でした。個人的には、この教材は全くの入門者よりも、多少かじった初級者から中級者に向いているように思います。


網野さんの「動詞」中心の考え方やこの教材の詳細については公式サイトを参照ください。
ちなみに、90日全額保証制度が付いていて、万一不満足なら返金されます。

  クリック
   ↓↓

⇒網野式動詞フォーカス中国語入門≪公式サイト≫へ。





スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"