スポンサードリンク

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

行动是成功的开始,等待是失败的源头。Action is the beginning of success. Waiting is the starting of failure.


从你现在的地方开始。有什么就用什么。做你力所能及的。 Start where you are. Use what you have. Do what you can


热门博文
  NEC Direct(NECダイレクト)

「銀聯」のプリペイドカード、誰でも作れて中国に行く時に便利!

いつしか街のあちこちで、この中国「銀聯(ぎんれん)yínlián」カードのマークを見かけるようになりました。日本にこんな状況が出現するとは隔世の感があります。

ちなみに、「銀聯」とは中国最大のカード決済会社で、国策によって「」行が「」合(連合)して出来たことから付いた名前だとか(初めて知った。。。)。

中国 銀聯カード ネオマネー プリペイドカード


知り合いの中国人が、外国人が中国に行く時にも銀聯カードを持っていると便利だと教えてくれたので紹介します。

中国で便利な銀聯カードは中国人の必需品


銀聯カードのほとんどはクレジットカード(信用卡)なくて、支払いと即時に自分の口座から引き落とされるデビットカード(借记卡)だとか。

審査無しで誰でも持てるので、急速に普及が進んでいて、今や中国人の必需品になっているとのこと。

このため、中国では銀聯カードが使える店舗やATMが、VISAやマスターカード、JCBなどよりもはるかに多くて、利便性が高くなっています。友達がこの間北京に行ったとき、それなりの店構えのレストランでも銀聯カードしか使えなくて困ったと言ってました。

かといって、現金を持ち歩くのはやっぱり危険です。中国に行くなら銀聯カードが1枚あると便利で安全ということです。

中国に行く時、簡単に誰でも作れる銀聯カード


では、その銀聯カードはどうやって作るのか。

普通は、中国現地の銀行に口座を開いて銀聯付きキャッシュカードを作るか、日本で銀聯付きのクレジットカードに申し込むといった方法があります。でも長期に滞在するのであればいいですが、短期間の出張や旅行、1年程度の留学ではあまり現実的ではありません。

そんな人に向いている教えてくれたのが、「ネオマネー銀聯」という海外専用プリペイドカードです。

イメージとしては鉄道の乗車カードにように先に必要な額を入金しておく方式のカードです。入金した額の範囲内で、クレジットカードのように銀聯の加盟店で支払いしたり、ATMで現金(現地通貨)を引き出したりすることができます。

プリペイドカード「ネオマネー銀聯」の特徴


  • クレジットカードではないので、審査はなく13歳以上であれば本人確認だけで誰でも作れます
  • 発行費や維持費などの費用はかかりません
  • 支払いやATMでの現金引き出しに使える中国最大の銀聯ネットワークが利用できます
  • 入金した分しか使えないので、使い過ぎ防止になります
  • カードと口座情報がリンクしていないので、リスクが低いです。
  • 紛失や盗難時は届け時点の残額が補償されるので、現金を持ち歩くよりも安心です。

注意点


  • 日本国内では使えません。でも、銀聯カードは世界150か国で使えるので中国以外に行った時も使えます。
  • 現地のATMで現金(現地通貨)を引き出す際は手数料がかかります


という訳で、オレは今のところ中国に行く予定はないけど、いつでも行けるように「ネオマネー銀聯」を作ってみました。ちなみに、カードを持っているだけでは費用は何もかかりません。

現物のカードには自分の名前も入っていなくて、なんか偽物のクレジットカードみたい(汗)。でも、教えてくれた中国人も、中国によく出張する友達も、ちゃんと使えているので、大丈夫です(笑)。

中国 銀聯カード ネオマネー プリペイドカード

海外にいくときは、複数の支払い手段を用意しておくことが鉄則です。特に中国の場合は、クレジットカードと併せて「ネオマネー銀聯」を持っていると最強だと思います。

よかったら参考まで。
詳しくは「ネオマネー」の公式サイトで確認してみてください。

銀聯  ネオマネー 中国 カード

スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

金盾工程~中国のインターネット規制を回避できる方法 出張や旅行に便利

出張や旅行で中国へ行ったときに、インターネットでラインやフェイスブックなどにつながらなくて困ったことはありませんか。


オレも経験あります。香港、澳門を除く中国国内では政府の国家的ネット検閲プロジェクト「金盾工程 jīndùn gōngchéng」の一環でインターネット規制が行われてます。政府が不適切だと判断した国外のサイトには、「中国国家防火墙/防火长城 Great Firewall of China(略称「GFW」)」によってインターネットが接続できないようしてます。国内産業の保護とかいってるけど、事実上の情報統制ですな。


zh261102.jpg


オレの周りでは、このネット規制のことは聞いてはいたけど、実際に現地で日本で普通に見れていたサイトにつながらないという経験をしてはじめて、規制の存在に驚愕したという人が少なくないです。それはそれは見事につながりません。今の時点で中国国内から接続できない(見られない)サイトには、ご覧の「中国語まったり学習記」(笑)をはじめ、例えば次にようなところがあります。

・グーグル(Gmailも)
・Youtube
・ツイッター
・フェイスブック
・FC2
・アメブロ
・ニコニコ動画
・ライン      


利用者が多いサイトも規制対象になっていて影響は大きいです。特に「ライン」なんかは今年(平成26年)7月にいきなり接続不能になってニュースにもなりました。無料で国際電話ができるということで愛用していた人が多くて、中国出張が多い連中に衝撃を与えました。ここに挙げた規制対象のサイトはほんの一部で、まだまだあります。それにインターネットの規制はますます強化されているようです。


※中国からサイトが見られるかどうかはここで調べられます。


でも、中国人がよく言う「有政策,下有对策(上に政策あれば、下に対策あり)」で、こんな中国でのインターネットの不便さを回避できる方法が有ります。それは「VPN(ヴァーチャル プライベート ネットワーク)」というサービスです。


261106vpn.jpg


「VPN」は、平たく言うと「金盾」の規制がかかる中国国内から直接インターネットに接続するのではなく、規制のない日本など国外を経由してインターネットに接続する仕組みです。つまり、中国にいながらにして日本国内と同じようにインターネットが使えるサービスです。基本的に上記のグーグルなどへのサイトへも接続できます。

この夏に初めて中国出張して、このネット規制に怒りまくっていた友人が、VPNに申し込んで先月初めに再び中国へ。今回は機嫌よく帰国しました。インターネットの不便は回避できたみたい。

このVPNサービスは中国でインターネットにつながる環境があれば利用できます。例えば「セカイVPN」というサービスは、月額利用料1080円と経済的なので、駐在や留学など長期に滞在する人にも使いやすいです。また無料のお試し期間が最大2か月あるので、出張や旅行の予定があればぜひお試しを。ちなみに解約も簡単です。

中国でインターネットを使うなら「金盾」規制を回避できるVPNの利用がおすすめです。日本国内でも使い道があります。よかったら参考にしてください。


⇒中国のネット規制回避できるVPNについて。





スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

中国へ行こう!格安航空券、ツアー照会・予約のおすすめ旅行サイト

 「そうだ、中国へ行こう!」

 ここしばらく中国へ行く機会がなかったけど、この夏は久しぶりに旅行(一人旅!)してみようかと検討中です。円安だけど、中国方面は旅行客が減ってるので比較的格安みたいなので。

中国 格安航空券 ツアー

 今回は、オレが中国や海外へ行くときに、格安航空券やツアーの照会や予約でよく使っているおすすめサイトを紹介します。旅行を検討している人や出張予定がある人のお役に立てれば幸いです。


エクスぺディア

世界最大のオンライン旅行会社です。航空券やホテルの照会や予約に使ってます。オレの経験上、航空券はほぼ最安値でした。料金表示が「燃油サーチャージ」や「空港税」などが含まれた金額なので分かりやすいです。ホテルも「最低価格保証」を謳ってるので安心です。サイトは以前に比べて日本人向けになって非常に見やすく、使いやすくなりました。検索もスムーズで、一番よく使ってます。個人旅行や出張にはおすすめです。

⇒⇒⇒「エクスぺディア」はこちらをクリック



阪急交通社


「阪急」ですが、もちろん全国各地発着の商品を取り扱ってます。航空券の照会の際に上記「エクスぺディア」と比較して使ってます。同社も金額表示が燃油費など含んだものなので良いです。オレの経験では、飛行機が混み合う時期(繁忙期)に強いような気がします。他社では満席なのに、同社では空席があったことがって助けられたことが数回あったので。電話対応も丁寧です。サイトも見やすく検索もやり易いです。ちなみに同社の国内ツアー、バスツアーには目を引く企画が多いですよ。

⇒⇒⇒「阪急交通社」はこちらをクリック。




エイビーロード

各社の海外ツアー・格安航空券が比較できる便利なサイトです。オレは往復の飛行機+空港送迎+ホテルのみのフリーツアーの照会や予約で使ってます。大手の旅行会社では取扱いないマイナーな都市へのツアーがあったりします。サイトの操作性も良いです。ただ、格安航空券の表示金額は燃油サーチャージが含まれてないうえに、明記もされてないの不便。

⇒⇒⇒「エイビーロード」はこちらをクリック。



クラブツーリズム

海外、国内問わず観光つきの団体ツアーの種類が多い旅行会社です。旅行に不慣れな人間と行く時や費用的に時間的に効率よく旅行したいときに使っています。1人で参加もできるコースも多いし、ツアー全員が一人参加という「お一人さま参加限定ツアー」もあります。サイトの検索も使いやすいです。表示の旅行代金の燃油サーチャージは含まれてないですが、きちんと目安が記載されてます。

⇒⇒⇒「クラブツーリズム」はこちらをクリック。






スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"