中国語まったり学習記

中国語と悪戦苦闘している中級レベル程度の管理人が、復習とモチベーション維持のため、勉強を通して、分かったことや気づいたことなどを中心に書き留めています。

 

成語・ことわざ

【中国語】不打自招 bùdǎzìzhāo

 中国人なら普通は知っている(オレは最近知った)成語シリーズ!ということで、今回は「不打自招」という中国語を取り上げました。漢字の並びを見ただけでは意味が想像しにくい系の成語なので、分解してそれぞれの意味を確認します。

中国語の「不打自招」という成語の意味は

 まず、「不打自招」の「招」は「(罪などを)白状する」という意味。これに「自」がつくので「自白する」。「招」には「招く」以外にも中国語独特の意味がいろいろあって案外ややこしいけど、こんな意味もあったんやね。そして「打」は「殴る」で、「不打」は「殴らない」。ここの殴るは暴力のこと。以上を合わせて「不打自招」は「暴力なしで自白する」となります。なんのこっちゃ?(笑)

 例えば時代劇とかで、罪人に自白させようと役人が殴ったり蹴ったり、あるいは拷問に掛けたりしますわな。「不打自招」はそんなことしなくても「悪事や秘密を自分からうっかり漏らしてしまう」ことを表します。


老师还没有问,他就把事情全说了,真是不打自招。
先生はまだ訊いてないのに、彼は事情を全て話してしまった。ホンマ”うっかり自白”。

她不打自招曝光已经怀孕的事实。
彼女はうっかり自分からすでに妊娠している事実を暴露してしまった。

媳妇一句话就让老公不打自招。
嫁は一言で夫に何気なく自白させました。

老公不承认自己出轨的事,我需要做点什么能让他不打自招呢。
夫は自分の浮気を認めない。何をすれば彼にうっかり自白させることができますか。

那个小偷发微博不打自招,真相大白了。
その泥棒はウェイボーでうっかり自白してしまい、真相が明るみになった。


 例文にあるように、暴力ではなく誘導的な質問に乗せられて自白してしまうのも「不打自招」です。あと、最近ニュースに多い、自分の悪事を友達に自慢しようとツイッターなどに上げたところが予想外に拡散して逮捕されるというのも一種の「不打自招」といえます。オレの場合は、酒に酔ってええ感じになっている時に「不打自招」のリスクが高まります(笑)。

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術