スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】卡 kǎ

 卡拉ok や信用卡などでお馴染みの「卡」という漢字、今ではすっかり見慣れてしまったけど、初めて見たときは、それはもう鮮烈でした。しかも簡体字ではなく、これが正字。そのうえ簡単そうで書きにくい(笑)。こんな漢字と出合えるのも中国語の面白さです。

 この「卡」には、ご存じのとおり「カード」や熱量の単位「カロリー」の意味がありますが、動詞で「挟む」という意味もあるんです。オレは今回初めて知ったけど、結構日常的に使われているようです。


我被门卡住了。
ドアに挟まれた。

後に動作の停止/安定を表す様態補語「住」がついて、挟まれて動けない状況を表します。


我被门卡着,动不了。
ドアに挟まれていて、動けない。

「着」が付いているので、状態が継続している状況です。電車に駆け込み乗車をしたときの一番恥ずかしい状態ですよね。このような現実世界だけでだけなく、抽象的な観念上の状況でも使えます。


我被这道题卡住了。
この問題に挟まれた。

変な日本語ですが、状況は想像できると思います。試験で難しい問題があり、解答作業がそこで足止めを食ってるんです。「阻まれた」と訳した方が自然でしょうか。


我们卡住敌人的退路。
我々は敵の退路を阻んだ。→ 敵の前後を挟みうちにしている状況


「普卡」「深卡」という名詞があります。日本語に訳しにくいけど、前者は、「(例えば、ある問題が原因で)身動きがとれない普通程度な状態のこと」、後者は「もっと深刻な程度な状態のこと」。時々使われる程度の単語らしいですが、参考のため。


あと、辞書によると「卡」がこの動詞の意味の場合は「qiǎ」と発音すると書いてますが、オレがみたところ辞書の種類によって書いてあることが微妙に違います。いずれにせよ、オレの知り合いのネイティブ中国人が、普通に「kǎ」と言っているので、ここでは「kǎ」としました。

スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

【中国語】あまり~ない

 「あまり~ない」と中国語で言うとき、どうしても「不太~」を使ってしまいますが、今回は別の言い方の「没怎么/不怎么 +動詞」を取り上げました。「没」と「不」でニュアンスが下の通り違うので要注意です。


●「没怎么+動詞」⇒「あまり~してない(しなかった)」(過去のこと、現在の状態)


你没怎么变,还是那么帅。
君はあまり変わっていない、相変わらずイケメンだ。

今天没怎么吃啊,怎么了?
今日あまり食べていないね。どうかした?

早饭也没怎么吃就走了。
朝飯もあまり食べずに出て行った。

昨天没怎么紧张。
昨日はあまり緊張しなかった。

家乡的天气很冷.但是今年没怎么下雪。
故郷の天気は寒いけど、今年はあまり雪は降らなかった。

没怎么努力,自然而然地就会了
あまり努力しなかったけど、自然にできるようになった。


●「不怎么+動詞」⇒「「あまり~しない」(習慣、意志)

 
我不怎么认识她。
彼女ことはあなり知らない。

他认识这条街,尽管不怎么熟悉。
彼はこの街を知っているが、あまり詳しくない。

工人们也许是不怎么喜欢他们的老板。
従業員はたぶん社長のことをあまり好んでいない。

虽然答应说去,但又不怎么想去。
行くといったが、あまり行きたくない。

这个词语不怎么使用了。
この語はあまり使われない。

不怎么追求自己的房屋大小,倒是对车很执着。
自分の家の大きさはあまり追求しないが、車にはこだわる。


 中国人の会話を聞いてると、やたらと「怎么」「什么」「那么」「这么」といった「么系」(←オレの造語)を使ってます。なかには、文法上説明がつかない習慣的な使い方もあるみたいで、外国人にはお手上げです。でも逆にいうと「么系」が使いこなせるようになると、中国人らしい自然な中国語になることなんで、今回の文型も含めて、ボチボチ覚えていこうと思います。

目指せ「么の達人」!


スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

【中国語】自己人 zìjǐrén

 「自己人」は、自分と親密な関係にある「仲間、身内、家族同然の人」を指す言葉です。漢字の見ため的にはジコチューな(自己中心的な)人のような印象がを受けるけど全然違います。


这儿都是你自己人呢。
ここにいるのはみんなお前の仲間だ。

新老板把自己人都拉进公司来。
新しい社長は自分の身内を会社に引っ張ってきた。


 
 ついでに、「自己人」の反対、つまり「仲間じゃない人、身内ではない人、部外者」のことは「外人」と言います。日本語と同じように外国人の意味も辞書には載ってますが、この意味ではあまり使われていないようです。


不要什么事情都跟外人说!
なんでも部外者に話すな。


 ちなみに「内人」はというと、それは「妻、奥さん」のことになります。





スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

【中国語】”見なす”の介詞「拿ná」 

 英語の前置詞に近い中国語の「介詞」。この介詞の「拿」には、辞書や文法書では「手段や方法を表す」と「動作の対象を表す」用法があると書かれているけど、他の介詞に比べてイマイチ使い方が分かりにくい。前者はまだイメージが湧くけど、後者の場合は、なんかハッキリしません。

 まあ深く考えないで、こんなときは自動的に文型で覚える方がいいので、今回は「拿A動詞B」で「AをBと思う/見なす」という文型を取り上げました。動詞に「当」を使って「拿A当B」の形がよく見られます。意味が「认为」ぽいので「見なすの"拿"」と名付けました。


别拿我不识数。
俺を何も知らないと思うな。

我拿你当我妹妹。
俺は君を妹と思っている(見ている)。

你别说话,没人拿你当哑巴。
喋るな。口が利けないとはだれも思っていない。

你拿我当病猫呢。
お前は俺を「何もない奴」だとみなした。


これらの「拿」は介詞「把」に替えてもOK。あと「当A動詞B」と言い換えも可。


你别当我不识数。

你当我是病猫呢。


ちなみに、上の例文中の「病猫」は、「老虎不发威,你当我是病猫。」という諺からきていて、「虎が威勢なければ、病気の猫だと思われる。」つまり「何もできない奴」「バカ」の意味とのこと。

それにしても「介詞」もややこしい!

スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

【中国語】用来 yònglái ≪続≫

 引き続き「用来」について取り上げます。


你买这个用来做什么?
これを買って何を作るの?


これは、前回挙げた例文ですが、「買う」という動詞が入ってるので、「買ったものを用いて何を作るのか」という意味になります。「動詞句+用来~」という文型です。このように基本的に「用来」の前には動詞が必要です。


这个用来做什么?
これを使って何を作るの?


この場合は「名詞+用来~」になって動詞が無いけど、実は「这个」の前に「把」或いは「拿」という「持つ」的な意味の動詞(介詞)が省かれていて、「道具や材料を持って→使って」というオーラ出ているんです。本来の文はこうなります。


你把(/拿)这个用来做什么?
これを使って何を作るの?


でも、普通「使って」と言おうとすると「把」やら「拿」やらより、用汉语说(中国語を使って話す)のように「用」が先に浮かびません? オレなんかはそうです。もちろん「用」を使っても言えます。


你用这个来做什么
これを使って何を作るの?


この時は「用」と「来」の間に名詞を挟む形になるので、この点だけ注意。見た目落ち着く文型やね(笑)。意味も「把/拿~用来~」と同じ。下の例文も前回挙げたものですが、同じように二通りの言い方ができるので、参考まで。


一般的にオトコは自分の親友を言い逃れ(口実)に使うのが好きだ。

一般男人喜欢自己的好朋友做挡箭牌。

一般男人喜欢自己的好朋友用来做挡箭牌。


このように「用来」の使い方は、ちょっと難しいところがあるけど便利な文型やと思います。くどいけど、最後に簡単に基本形をまとめておきます。



◆…を(…して)~のために用いる。…を用いて~する。 

*「動詞… 用来~」

*「(把/拿)… 用来~。」=「用… 来~。」

※「用」は省略される場合も有り。



スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"