スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】くっつくの「挨 āi」

 中国人に知らない中国語を聞いたとき、よく言われるのが「非常口语的」。中国人が日常会話でよく使っている自然な中国語という感じやね。漢字のイメージや辞書に書いてある日本語の意味から、難しそうで、大したことない単語やろと勝手に思っていたら、「非常口语的」と言われて愕然とすることもしばしば(笑)。

中国語 学習 勉強


 さて、今回の「」は、日本語では「挨拶」という単語でしか使われていないけど、中国語では「非常口语的」だとか。「挨」のいくつか意味がある中で、よく使われるのが「くっつく」という意味合い。完全にくっつく(接触、密着)、くっつきそう(未接触、接近)な動作や状態を表します。感覚で覚えておく方が使いやすいです。


中国和北朝鲜挨着。
中国と北朝鮮は隣り合っている。


この場合は、両国が国境を挟んで陸続きでくっついている、接していることを表しています。中国と日本の場合は、間に海があって離れているので「中国和日本挨着」というと変だとか。この感覚で「挨」は「至近、直近」の意味でも使われるとのこと。


他家挨着公园。
彼の家は公園にとても近い。


この場合の「近い」は、家と公園との間に他の建物など邪魔するものがない、完全に隣接しているか、道路を挟んでいる程度の近さです。例えば家から徒歩で数分かかる場合の「近い」には使えない(使うと変)とのこと。


别挨(着)我!
私に近寄らないで!

大家,挨着坐好!
皆さん、くっついて坐って⇒詰めて坐ってください!

挨近点儿!再挨近点儿!
寄ってください。もっとくっついて。(集合写真を撮るときなど)

你挨着爸爸坐吧。
お父さんのそばに座りなさい。

我们的座位挨着,太好了。
私たちの席が隣同士で、よかったわ。

他跟朋友挨着肩走。
彼は友だちと寄り添って歩いている。

他挨着树站着。
彼は木に寄りかかって立っている.

电车里,人挨人,又臭又热。
電車の中はとても混んでいて、臭くて暑かった。
(混雑で人と人が密着している様子)


「挨拶は人間同士をくっつける」と覚えておくと、この「くっつくの挨」は忘れにくいかと。ついでに、会話で「挨」がよく使われるのが「受け身」の「被」の意味。「被」よりも「非常口语的」みたい。使い方は「被」と一緒とのこと。


他挨妈妈打了。
彼はお母さんに叩かれた。

我挨老师骂了。
私は先生に叱られた。

我挨(雨)浇了。
雨に降られた。


 会話ではご存じのとおり、必ずしも発音は声調通りではないです。「ai」と聞くと、オレは「爱」が一番に頭に浮かんでしまうけど、中国人は「挨」が「非常口语的」だけに、例えば「你挨我」と「你爱我」と、中国人は勘違いしないのか、と素朴な疑問を聞いてみたら、それは無いと即答されました。勘違いにご注意(笑)。


「magnetic NOTES(マグネティックノート)」Mサイズ(100×70mm)〔どこにでもくっつく〕



スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

【中国語】碎嘴 suìzuǐ


中国語 学習 勉強

 今回の中国語は「碎嘴」は「嘴巴很碎」のこと。「碎」は日本の漢字では「砕(く)」。ドリルで岩を粉々に砕いている感じで、ガガガッと「よく喋ってやかましい」こと。やかましいといっても声の大きさではなく、喋りの内容が不快でウンザリ、耳障りという「やかましさ」です。


女朋友的嘴巴很碎要怎么办。
彼女はうんざりするほどお喋り、どうしたらいいのか。

我男同事也太碎嘴。
オレの男の同僚がめちゃくちゃお喋りでウザい。

其实她是喜欢在背后碎嘴的人。
実は彼女は陰で噂話や悪口を言うのが好きな人なのだ。

今天被一群爱碎嘴的臭三八欺负了。
今日、喋り好きなクソババたちにいじめられた。

你们千万别碎嘴我和她的关系,这事没人知道。
お前ら絶対俺と彼女の関係を言い回るなよ。このことは誰も知らないのだから。


 オレの周りに「碎嘴」に相当する人(女性)がいるけど、話の内容や質は別にして、話題の豊富さと収集力はある意味すごいものがあります(笑)。

スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

【中国語】比翼の鳥 意味と由来

 人気のNHK朝ドラのセリフの中で「比翼の鳥」という言葉が、わざわざ字幕入りで出てきてました。


 「比翼の鳥」とは知らない言葉だったので調べてみると、雄と雌がそれぞれ翼と目が1つずつしかなく、いつも2羽が一体になって協力しながら空を飛ぶという中国の伝説上の鳥のことでした。想像するとちょっとグロテスク(笑)。中国語では「比翼鸟bǐyìniǎo」で、仲睦まじい夫婦や場合によっては、ずっと一緒にいる友達同士を表すのだとか。


比翼の鳥 中国語


 この「比翼鸟」は、漢文の授業で習った(はずの)白居易の「長恨歌(ちょうごんか)」という詩の一節にも出てきて、中国人には有名なのだとか。この一節は、唐の玄宗皇帝が楊貴妃に告白した際に引用したという伝説もあるとのこと。


「在天愿作比翼鸟,在地愿为连理枝」
天に在りては願はくは比翼の鳥と作(な)り、地に在りては願はくは連理の枝と為(な)らんと。
(天上界では願わくは比翼の鳥となって、地上では願わくは連理の枝となりましょう。)


このなかの「连理枝liánlǐzhī」は、2本の木がくっついて1本になったもので、これも仲睦まじい夫婦を表すもの。「相生の松」みたいなものですな。


我们成为比翼鸟吧!
俺たち比翼の鳥になろうよ!

小浅和新次郎是好夫妻で,像比翼鸟一样形影不离。
あさと新次郎は良い夫婦、比翼の鳥もたいにいつも一緒で離れない。


 成語と同じように「比翼鸟」のような知的な単語を知っておいて、時々使ってみると、中国人に一目置かれること間違いなしです。ちなみに、比翼の鳥の由来になった伝説を、以下に載せてみました。「渣翻」だけど、よかったら参考まで。


続きを読む
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

【中国語】顺其自然 shùn qí zì ran

 中国人ならほとんど誰もが知っている中国語の成語シリーズで、今回は「顺其自然」。漢字から何となく意味が推測できそうな部類の成語。「順」という漢字には、「~に付き従う」の意味があるので、「自然の成り行きに従う、任せる」ということを表します。英語の「let it be」に似た意味合い。


中国語 学習 勉強


 この「顺其自然」という成語の意味自体は良くも悪くもなく普通。でも言わんとするところは、成り行き任せ、いわば運まかせの主体性がないことなので、場面や文脈によって積極的、肯定的にも、消極的、否定的にもなるので、使うときは場の空気を読む必要があるかも。


水顺其自然地从高处流向低处。
水は自然のままに高い処から低い処に向かって流れる。

向一个喜欢的女生表白,她说顺其自然。
好きな女性に告白したら、彼女は成り行きに任せましょうと言った。

事到如今,我们只好顺其自然了。
ここまできたら、わてらは成り行きに従うしかあらしまへん。

你可以去改变这顺其自然的。
お前はこの成り行きまかせを変えることができるんだ。

不能顺其自然,要努力。
成り行きに任せてはいけない、努力しないと。

不用为此事发愁了,顺其自然吧。
このことに気をもむ必要はないですよ、成り行きに任せましょう。


 オレは、このごろ「顺其自然」しすぎて、あらぬ方向へ流されてしまって今更焦ってます(マジ)。「顺其自然」は程々に。


テレサ・テン 永久保存版 ザ・ベスト100 CD-BOX 5枚組(うち2枚は中国語版)つぐない、時の流れに身をまかせなどベストヒット100曲 送料無料!



スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

【中国語】累死累活 lèi sǐ lèi huó

 死にそうなくらいめちゃくちゃ疲れたときに「累死了!」というけど、今回の中国語は「累死累活」。この4文字で決まり文句ということだけど、「死」と「活(生きる)」の相反するものが両方入っていて、分かりそうで分からない。

中国語 学習 勉強


 「累死累活」の意味を先に言うと「ヘトヘトになるまで働く」こと。死にそうなくらい疲れていて、生きるにも疲れている状態というイメージかな。意味を知ってから漢字を見ると、しんどくて辛いのが伝わってきますな・・・。漢字の威力やね(笑)。ちなみに、この「累死累活」を使うのは労働に対してのみ。勉強やスポーツなどでヘトヘトになっても使えないとのこと。


我妈整天累死累活地工作就是为了养家。
母が一日中へとへとになるまで働くのは、家族を養うためです。

我每天加班累死累活地工作,没时间陪你玩游戏!
毎日残業してヘトヘトになるまで働いるから、お前とゲームする時間はない。

一天累死累活却从来没有人体谅,觉得很难过。
1日ヘトヘトになるまで働いてるのに、気遣ってくれる人がいなく、とても辛い。

人活着是为了什么?整天累死累活的。
人は何のために生きているのか。1日中ヘトヘトになるまで働くためなのか。

我累死累活的时候,你在干嘛。
オレがヘトヘトになるまで働いている時に、お前は何をしてるんだ。


 なお、「累死累活」は形容詞的には使えないとのこと。仕事の後に「へとへとに疲れたぁ~!」と言いたいときに「我很累死累活!」とは言えないので注意です。




疲れた身体に元気を呼び覚ます!【しじみにんにく極】


スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"