スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】施加 shījiā

 今回は、この間初めて知った「施加」という中国語について。この意味は「~を他に及ぼす/与える」。といっても漠然としすぎて「何のこっちゃ?」だと思うので、先に例文を挙げます。

中国語 学習 勉強


老公总是喝醉酒之后对我施加暴力。
夫はいつもお酒を飲むと私に暴力をふるいます。

销售部领导对业绩看得很重,天天给我们施加压力。
営業部長は業績を重んじていて、毎日私たちにプレッシャーをかける。

那个贪污事件,有的国会议员对警察施加了压力。
その汚職事件について、ある国会議員が警察に圧力をかけた。

现在只有中国可以向朝鲜施加影响。
現在は中国だけが北朝鮮に影響を及ぼすことができる。

我再也无法容忍这个国家对民主派施加的迫害啦!
私は、この国が民主波に対する加える迫害にもう我慢ならない!


 なんとなく「施加」の雰囲気が判るかな。文字通り「施す+加える」のイメージ。書き言葉のようだけど、実際は会話でもよく使うのだとか。

 でも、なんか使いづらいそうと思いきや、主に「施加」を使うのは、「施加暴力(暴力をふるう/加える)」「施加压力(圧力をかける)」「施加影响(影響を及ぼす/与える)」の形で、決まり文句みたいなものだそう。とりあえずは、これら3つだけ丸覚えしておいたらいいみたい。

スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

【中国語】小宝贝 xiǎobǎobèi 

 今回の中国語は「小宝贝」は、「宝贝」や「宝贝儿」の形を含めて、よく見聞きするけど、その使われ方が広くて、個人的にイマイチ分かっていなかったので取り上げてみました。
中国語 学習 勉強


 先に「(小)宝贝」の意味を挙げると、中国人に聞いただけで、これだけあります。

・赤ちゃん(人、動物)
・子供(人、動物)
・夫、妻
・恋人
・親しい友達
・宝物、大切なもの
・珍しいもの
・商品



赤ちゃんから大人まで、人から動物、モノまで幅広いです。基本的な意味は「赤ちゃん」と「宝物」だとか。それからいろんな意味に派生したとのこと。

オレなんかは「宝贝=baby=赤ちゃん」と漠然と思っていたので全くの認識不足でした。ちなみに「宝贝」は英語の「baby」の当て字だと長いこと思っていたけど、これも間違いでした。


恭喜小宝贝的来到。
赤ちゃんが授かっておめでとうございます。

你们的小宝贝儿几岁了?
お宅のお子さんはおいくつですか。

小宝贝,帮帮我的忙吧!
あなた、手伝って!

我亲爱的小宝贝。
私の愛するカワイ子ちゃん。

男朋友经常叫我小宝贝。
彼氏はいつも私をベイビーと呼びます。


文脈や場面によって、「小宝贝」は誰を指すのかが変わってくるので、話に集中して空気を読まないといけません(笑)。男が男の友達を「小宝贝」と呼ぶのは変とのこと。感覚的に分かりますな。


我的小宝贝是爸爸送的棒球手套。
私の宝物は父がくれた野球のグローブです。

给你看一下,去日本旅游的时候淘来的小宝贝。
日本に旅行したときに見つけてきた珍しいものをお見せします。

前几天在网上买的小宝贝,今天到货了。
先日ネットで購入した商品が、今日届きました。

那家店发布了新的小宝贝。
あの店は新商品を発表しました。


 「(小)宝贝」の本来の「宝物」の意味から「珍しいもの」に派生して、最近は「客にとって新鮮で珍しい”商品”」という意味のも使われるようになったとのこと。中国の有名な通販サイト「淘宝网(タオパオ)」の「宝」はこの「(小)宝贝」のこと。ちなみに「淘」の方は「見つける、探す」という意味。


スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

【中国語】黙れ、小童!

 今年のオレの中での流行語は、NHK大河ドラマで出てきた「黙れっ、小童(こわっぱ)!」というセリフ。「小童」は、今でいう「ガキ、小僧」のような子供や目下の若者を罵る単語だけど、「こわっぱ」という言葉の響きがなんとも耳に新鮮でハマりました。

中国語 学習 勉強


このセリフを中国語にすると、


(给我)闭嘴/住口,小崽子!
黙れ、小童!


(小)崽子 xiǎozǎizi」が、「小童」にあたる、中国語でよく使う子供や目下に対して罵る語だとか。 「崽子」とは「動物の子供」のこと。相手が人間に価しないものということで見下しているわけですな。


狗下崽子了。
犬が子供を産みました。


 「小崽子」は、お母さんが子供を叱るときの定番でもあるみたいだけど、前に取り上げた「臭小子」とは違って、親しみや愛情はなく、ただただ憎しみや腹立たしい気持ちだけが込められた言い方とのこと。ちなみに、男女共用です。


小崽子,总是不听大人的话,真气人!
この子ったら、いつも大人の話を聞かないで、ホント腹が立つ!

你这小崽子怎么这么不知道好歹。
お前って子はなんでこんなに善悪が分からないのか。

我家小崽子们太调皮。
うちのガキどもはわんぱくすぎる。

那个小崽子到底在干什么?
あのガキは一体何をやってるんだ。


 「小崽子」のさらに上?の罵倒語は「兎(うさぎ)」が入った「(小)兔崽子xiǎotùzǎizi」。兎の子供とは愛らしく思うけど、実は全く逆で、かなりキツイ語感があるとのこと。話し手は怒り心頭、憎さ100倍の状態です。日本語で敢えていえば「クソガキ、畜生め」みたいな感じかな。それにしてもなんで「兎」なんやろ。文化差異やね。

真田丸 完全版 第壱集【Blu-ray】 [ 堺雅人 ]



スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

【中国語】臭小子 chòuxiǎozi

 今回の中国語「臭小子」は、親や上司、目上の者が、目下の男子のことを言う場合の呼び方の一つです。

中国語 学習 勉強

 「小子」自体に、「子供(男の子)」や「息子」のほか、目上の者が目下の者を貶して、あるいは親しみ込めて呼ぶ「小僧、野郎、奴」といった意味があります。これに「臭」が付けて「臭小子」になると、漢字的に「糞(くそ)ガキ」みたいな悪く罵っているように思ってしまうけど、基本的に親しみや愛情が入った言い方、呼び方なのだとか。


你这个臭小子, 你干什么?
この小僧、何やってんだ。

臭小子,过来!
坊主,こっちにへ来い。

妈妈进了房间,说:臭小子,你敢骗妈妈!我要打你。
母が部屋に入ってきて「この子ったら、お母さんを騙したわね!ぶつわよ」と言った。

你要认真地听老师讲课,臭小子好不好?
真面目に先生の授業を聴きなさいよ、バカ息子、分かった?

哪个臭小子谁敢让我女儿哭?
どこのガキがうちの娘を泣かしたんだ。


 言葉はよくないけど、気持ちの上では親しみや愛情が入っているということです。なので、もし自分が目上の人から「臭小子」と言われても、ムカついたり怒ったりしてはあきません。ちなみに女子に対しては「臭妹子」「臭姑娘」というとのこと。

 ちなみに、「臭」がついた「臭男人」「臭女人」「臭老头」は、成人以上の人を軽蔑し罵る呼び方で、相手に使うと喧嘩になるのは必至だとか。 「臭」は日本語でも「青臭い」というように「未熟」の意味に近くて、未熟さがあって当たり前の子供や若者に使うのは、問題ないけど、成熟している大人に対しては屈辱的になるとのこと。でも、80歳のお年寄りが、40歳のオッサンを「臭小子」と呼ぶのはOK。

日本一忙しいコーチが書いた!!「サッカー小僧」に読ませたい本 [ 保坂信之 ]




スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

【中国語】毎日でも食べたい

中国語 学習 勉強

 例えば、自分の大好物や彼女(彼氏)の手料理を、「毎日でも食べたい!」と中国語で表現したいとき、どういうか。オレがパッと思いつくのは、こんな中国文。


每天都想吃(她做的饭)。


 しかし、これだと「毎日(彼女が作る料理を)食べたい」というだけで、肝心の「毎日”でも”」の微妙な意味合いが出せなくて、もどかしく思っていました。そこで、中国人に教えてもらったのが、この言い方。


每天吃(她做的饭)还/都/也想吃。
她做的饭, 每天吃还/都/也想吃。

毎日(彼女が作る料理を)食べても、まだ/いつも食べたい。
⇒毎日でも(彼女が作る料理を)食べたい。


持って回ったようでめんどくさいけど、実にネイティヴらしい言い回し。オレには到底思いつきません(笑)。動詞の「吃」を換えることで、いろいろ「毎日でも~したい」になります。


我每天听这首歌还想听。
毎日でもこの歌を聴きたい。

每天去还想去。
毎日でも行きたい。

每天泡温泉还想泡。
毎日でも温泉に入りたい。

每天见你还想见。
毎日でもあなたに会いたい。

每天做爱还想做,我正常吗?
毎日でもエッチしたいけど、オレって正常?


 ついでに、似たような意味で、「動詞+不够」を使う表現もよく使うとか。


每天吃(她做的饭)还吃不够。
毎日(彼女を作った料理を)食べても、食べ足りない。
≒毎日でも(彼女が作る料理を)食べたい。


 日本語の「毎日”でも”~したい」に当たる表現は他にもあると思うけど、今回のものが比較的定型になっていて覚えやすいような気がします。

 今回の「でも」のような、日本語の微妙な意味合い(ニュアンス)を中国語で表すことは、なかなか難しいけど、もう少しこの辺りにこだわっていければと思います。

レギンスパンツ S/M/L/LL/3L/4L/5Lサイズ 驚くほど伸びて、毎日でも穿きたくなる1本。【プレミアムストレッチ】




スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"