スポンサードリンク

热门博文
 

中国語の上達は「動詞の攻略」にあり。

 日本語は英語や中国語など外国語に比べて、動詞の地位がかなり低い。このため、日本語を母語とする人は、動詞を使いこなすクセが無いので、外国語がなかなか習得できない。

 こう言うのは、20ヶ国語をマスターしたプロ翻訳者の網野智世子さん。彼女がこれだけの外国語を習得できたのは、独学している中で動詞の重要性に気づき 動詞中心に勉強した結果だとか。中国語動詞の地位が高いので、動詞を先ず抑えると上達が早いそうです。

 確かに、中国語には日本人にとって馴染みにくい動詞の使い方が多いです。

例えば、


・彼女はきれいだ。→ 他长的很漂亮。
・彼は脚が速い。 → 他跑得很快。
・彼は歌がうまい。→ 他唱歌唱得很好。


日本語の方は形容詞だけ、中国語では動詞を使って表現するのが自然。こうみると、動詞に注目するのは中国語上達の近道というのも頷けます。今後意識してみようと思います。

この網野さんが実体験に基づいて独自に監修した「動詞」を新しい切り口にした中国語教材があります。
網野式動詞フォーカス中国語入門」です。





【網野式】動詞フォーカス中国語入門 

これまで、動詞に焦点を当てたものは見たことがなかったので、網野式は目から鱗でした。個人的には、この教材は全くの入門者よりも、多少かじった初級者から中級者に向いているように思います。


網野さんの「動詞」中心の考え方やこの教材の詳細については公式サイトを参照ください。
ちなみに、90日全額保証制度が付いていて、万一不満足なら返金されます。

  クリック
   ↓↓

⇒網野式動詞フォーカス中国語入門≪公式サイト≫へ。





関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント