スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】破天荒 pòtiānhuāng

 
 あいつは破天荒な奴だ。

 時々こんな風に、型破りという意味で「破天荒」が使われているのを見聞きするけど、実はこれは間違った使い方。誤用です。

 正しい「破天荒」の意味は「今まで人が出来なったことを初めて行うこと」「前代未聞である」「未曾有の」「前例がない」。元々中国から入ってきた言葉です。前例がないことをする=型破りと考えれば通じるところがあるけど、本来の意味ではないです。オレも完全に間違ってました。。(恥)

 「破天荒」は中国の成語に由来する言葉なので、中国語でも意味は同じです。


这真是破天荒的大事。
これは本当に前例のない大事件だ。

80年代初期,中美关系迎来了破天荒的蜜月时。
80年代初期、米中関係はこれまでなかった蜜月期を迎えた。


 こんな例文を挙げると、「破天荒」は堅苦しくて、なんか大げさな単語に思えますが、中国語日常会話では、日本語と違って「いつもと違って、珍しく、意外にも」という意味合いで、もっと気軽に使ってます。

破天荒

Nobita一向成绩不好,可这次考试他竟然破天荒地考了100分。
のび太はずっと成績が悪いが、今回の試験で彼は意外にも珍しく100点を取った。

他平常不来,但是今天居然来了。真是破天荒啊!
彼はいつもは来ないのに、今日は意外にも来た。本当に珍しい!

他上学老是迟到,今天破天荒来得很早。
彼はいつも学校に遅刻するが、今日は珍しく早く来た。

Katsuo读书一直都不专心,但是今天破天荒地认真起来。
カツオはずっと勉強に身が入ってなかったが、今日は珍しくマジメだった。


 この「破天荒」も、日本人には使いやすい成語なので、"成語レパートリー"に入れておくといいと思います。でも「型破り」という意味は無いので要注意です。

 
 ついでに、日本語で「前代未聞」や「未曾有の」というと、後に続くのは天災とか事件の場合が多くて、事態がすごく深刻であることを印象付けますが、こんな場合は中国語でも「破天荒」より「闻所未闻」や「前所未闻」という成語を使うことが多いようです。


【送料無料】「破天荒のお試しランキングセット」【RCP】



関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント