スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】ぎりぎりセーフ

 余裕をもった行動を心掛けていても、「ぎりぎり」になってしまうことが少なくないオレ。「ぎりぎり」のところで、セーフならいいものの、アウトの場合の方が増えてきて、「ぎりぎり」なら早目に諦める傾向に。諦めが肝心と自己弁護して(笑)。

勉强miǎnqiǎng


 この「ぎりぎり」という日本語は、日常的によく使われているし、オレも使ってます。脳内で「日本語→中国語」の変換作業をやっている以上、どうしても避けて通れない単語だったので、取り上げてみます。「ぎりぎり」の意味はいくつかあるけど、今回は「ぎりぎりセーフ」の方を。つまり「かろうじて」良い結果だった場合です。

 この場合の中国語で一番日本語のニュアンスに近いのは、「勉强miǎnqiǎng」だそうです。

 「勉强」と言えば、日本語と意味が違う単語の代表格。その違い度が大きくて衝撃的でしたが、「無理矢理に、しぶしぶと」といった意味が有名(?)。あまり良くない印象の単語だったけど、「ぎりぎり」の意味の時は、結果として肯定的で、いい状況を表します。


这些东西勉强够了。
これらの物はぎりぎり足りた。

他的长相,我勉强能接受。
彼の顔はぎりぎり耐えられる。

这次考试勉强合格了。
今回の試験はぎりぎり合格した。

昨天勉强赶上了末班车。
昨日ぎりぎり終電に間に合った。

现在的收入勉强能生活。
現在の収入ではぎりぎり生活できる。

这件牛仔裤勉强能穿。
このジーパンはぎりぎり穿ける。

这个会议室勉强能坐三十个人
この会議室はぎりぎり30人が座れる。


 今回は「ぎりぎり」の結果「セーフ」の場合でした。「アウト」だった場合の中国語は次の機会に。


ギリギリセーーフ―生きのびる53の方法 [ 中谷彰宏 ]




関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント