スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】美滋滋 měizīzī

 「美」には、「美しい」や「アメリカ」のほかにも「喜んで有頂天になる、得意になる」という意味もあります(最近、初めて知りました)。以前取り上げた「臭美」の「美」もこの意味に基づいてます。

≫≫「臭美」の記事へ。


你美什么?
なに嬉しそうにしてるの?(友達が何か嬉しそうにしているとき)

他美着呢。
彼は得意になっているよ/嬉しそうにしてるよ。

他听说考上了大学,心里美得不得了。
彼は大学に受かったと聞いて、すっかり有頂天になった。

美滋滋

このように「美」は、他人からどう見えるかは別にして、当人が喜んでいる様子を表します。それをもっと明確に表す形容詞が、今回の「美滋滋」です。「うれしくてたまらない」「楽しくて仕方がない」「ウキウキしている」といった意味です。商標や店名などにもよく使われてます。


他们在美滋滋地吃寿司。
彼らは嬉しくてたまら無い様子で寿司を食べた。


「美滋滋」を文末に置く場合は、よく「的」が付きます。あと基本的に「(主語)+觉得/感到+美滋滋的」とか「(主語)心里美滋滋的」の文型をとります。


小李跟他在一起,总是觉得美滋滋的。
李さんは彼と一緒にいるといつも楽しくてたまらない。

海外旅行让我心里美滋滋的。
海外旅行は気持ちをウキウキさせる。

我考试考到了100分,我心理美滋滋的。
試験で100点をとって、嬉しくてたまらない。


 この「美滋滋」は热乎乎、软绵绵、绿油油、黑漆漆と同じABB型の形容詞重ね型です。このABB型は、響きが柔らかくなるのでお気に入りです。ちなみに形容詞重ね型は、形容詞Aを強調する役割があるので、前に「非常、特別、很」など副詞は使えないとのことです。


【送料無料】現代中国語ABB型形容詞逆配列用例辞典/相原茂/韓秀英【RCP】



関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント