スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】桥豆麻袋 qiáo dòu má dài

 中国語を教えてもらってる中国人が、今回の「桥豆麻袋」の4文字を書いてオレに見せた。オレはまた成語かと身構えた。橋豆って何や?豆の種類か?それはさておき、豆の入った麻袋とは?成語は殆どそうなのだが、漢字からは想像できない。漢字は大したことないけど、これは深~い意味のあるのかもしれない。

 すると、中国人が読んでみろと言う。「ちゃお~どう、まぁあ~たいっ」。いつもの通り四声や発音を直されながら、何度も読まされる。そして、中国人もニヤニヤしながら数回読み上げて、最後に「分かったか」と訊いてきた。はぁ?分かるわけないやろと、心の中でツッコむ。中国人は、最後にもう1回読み上げてから、実はこれは日本語の「ちょっと待って」だと明かしてくれた。

桥豆麻袋 中国語 ちょっと待って 


 つまり、「桥豆麻袋」は成語でなく、日本語の「ちょっと待って」の中国語版「当て字」。これが最近中国の若者の間では流行中だとか。意味はもちろんそのまま「等一下」のこと。アニメから拡がったみたいです。発音が全然違うのはご愛嬌。


桥豆麻袋,我想起来了一件事。
ちょっと待って、私ひとつ思い出した。

桥豆麻袋!我马上回来。
ちょっと待って。すぐ戻るから。


 漢字の表記には「乔豆」とか「麻带」など、まだ多少「揺れ」があるけど「桥豆麻袋」が主流です。ついでに「那尼Nāní?」と言うのも流行りかけのよう。言うまでもなく日本語の「何」で「什么?」の意味です。中国人はアニメは殆ど海賊版で見ていて、それは吹き替えではなく字幕のため、日本語をよく耳にするので、こうした流行語につながるようです。

 日中関係が冷え込んでいても、この方面は、あまり反日アレルギーは無いみたい。着実に良い意味で交流が進んでます。逆に中国語が日本語化してる例は思い浮ばないなぁ。

 最後に面白い例をもう一つ。それは「~思密达sīmìdá」。ネットなどで見かけます。これは韓国語の語尾「~スミダ。」の音訳です。オレは韓国語は知らないけど「スミダ」は敬語なんかな。使い方は、你饭了吗? 嗯,吃过思密达。というように中国語文の最後に「思密达」を付けるだけ。一種の言葉遊びです。



自殺したらあかん!東尋坊の“ちょっと待ておじさん” [ 茂幸雄 ]




関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント