スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】抠搜 kōusou

 見ために馴染みにくい今回の「抠搜」。これは北方の方言で、北京や東北辺りなどでは会話の中でよく使われる単語だそうです。「kōusuo」と発音される場合もあるみたい。

1F14041PW.jpg


 漢字は発音ありきの当て字なので、 「扣搜」「抠唆」など何種類か「揺れ」があります。意味はどれも同じで、「ケチ」そして「(言動が)ぐずぐずしている、ノロノロしている」と大きく2つあります。また、会話では抠抠搜搜と重ね型で使われることも多いとか。けちけち、ぐずぐずと同じ感じ。


那个人真抠搜, 很讨厌!
あいつはホンマにケチだから、好かん!

别抠抠搜搜的。你怎么这么小气,对自己好一点。
けちけちするなよ。なんでこんなにケチなんだ。ちょっと改めた方がいいよ。

※「小气(ケチ)」とはニュアンス、使い方も同じとのこと。

有些中国人觉得日本菜很抠搜。因为一个一个的量很少。
何人かの中国人の日本食はケチくさいだと感じている。一品の量が少ないから。

你这么抠抠搜搜的,什么时候才办完?
こんなにぐずぐずしていると、いつやり終えるのか。

我不喜欢抠搜的人。干什么都抠搜的。
私はぐずな人は嫌い。何をしてものろのろして。

抠搜什么啊,赶紧走吧。
何をぐずぐずしてるの、急いで行かないと。


 この「抠搜」は、まだ全国区にはなっていないみたいなので、上海や南方などでは通じないかも。でも北方だけでも、使用人口はウン億人、知っていて損はないです。


年収1億円を生んだ幸せケチの法則 [ 鈴木ゆり子 ]



関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

しみったれ
ある中国映画の中で「摳門兒」という台詞を聞いたことがあります。北方方言で、やはり「しみったれ」という意味のようです。私はこの言葉を台湾で使ったことがありますが、通じませんでした。
台湾では「鉄公鶏」「一毛不抜」などと良く言います。
Re: しみったれ
コメントありがとうございます。
この手の言葉は地域ごとにたくさんあって、
よそ者には付いて行けないですね。
日本でもそうですけど。
勉強になりました。

コメントの投稿

非公開コメント