スポンサードリンク

热门博文
 

Made in PRC

 少し前に話題になった「Made in RPC」。実際にちょくちょく見かけるようになりました。


IMG_3260.jpg


 この「PRC」ってどこ?


 それは中国のこと。中華人民共和国の英語表記「The People's Republic of China」の頭文字からとったもの。見慣れてないのはオレたちだけでなく中国人も同じ。オレの周りの中国人はみんな「???」(笑)。「Made in China」の良くないイメージから脱却するために、この「PRC」が考え出されたとか。ウソか誠か、これで売り上げがUPしたという報道も。恐るべし中国人(笑)。


u=1792016680,3459109057fm=11gp=0


 この「Made in China」は、最近の期限切れ肉の問題でさらにイメージがまた悪化しました。それでも、世の中は中国製だらけ。食品や日用品に関してはまだ安い=中国産の図式があるけど、服やカバン、家電などについては、安物でなくても中国製が多くなってきてます。名のあるブランドものでも、ふたを開けてみると中国製ということもザラ。


8a1b6b5e7f8cb8692ccd136de3042397.jpg


 海外で買ってきた土産も中国製ということも少なくないです。海外に限らず、国内でも。京都で売っている京都的、日本的な扇子やハンカチ、ストラップといった小物が意外と多く中国製。以前中国人を案内したとき、買うたびに日本製かどうか尋ねる羽目になり往生しました。店員も慣れていて、すんなり答えてくれます。なかには扇子で、紙は日本製、骨の部分は中国製で、紙を日本から輸出して中国で組み立てという「日中合作」のものも。最近は外国人観光客が増えてるけど、彼らが中国製の土産をバンバン買ってるのをみると、なんか複雑な気持ちになりました。

57.jpg

 とはいえ、日本の企業は生産拠点を中国外へ移す動きが活発化してるみたいだけど、世界的にはまだまだ中国は「世界の工場」。それなのに多くの中国人自身は中国製品を忌み嫌っていて信用してません。中国人が自国製品に対して安心感や自負心をもつような商品を作るようにならないと、「PRC」に表記を変えても結局は同じこと。現実的に完全な「チャイナフリー」は不可能である以上、今回の期限切れ肉問題を契機に、意識が変わりつつあるような報道もあるので、裕福でない一消費者として変化を期待したいと思います。

 話がそれるけど、中国の「PRC」を聞いて「ROC」を思い出しました。昔、台湾人へ手紙を出すとき、「Taiwan,ROC」と「ROC」を忘れず書くように強く言わたことがあります。これは「The Republic of China(中華民国)」のこと。当時多かった台湾製品にも「Made in ROC」とか「Made in ROC(Taiwan)」とか表記してありました。その後は台湾の”中華民国”離れで、今は「Made in Taiwan」が一般的になってますが。台湾の方は政治的な意図による「ROC」から「Taiwan」へ、中国の方は、商売のための「China」から「PRC」へ。両者ともなかなか面白い現象です。

 いずれにせよ、最近出回っている「Made in RRC」は中国製のことなので、承知おきのほどを。騙されなきように(笑)




関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント