スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】看人下菜碟 kànrén xiàcàidié

 今回の「看人下菜碟」は比較的覚えやすく使いやすい成語。「看人下菜碟儿」と「儿」が付いたり、単に「看人下菜」と言ったりもします。「看人」は「人を見る」、そして「下菜(碟)」は「料理(の皿)を出す」なので、「人に合わせて、出す料理を変える」という意味になります。「下菜」は「下げる」だけど料理を「出す」意味なので注意。


厨师必须掌握住客户的口味,看人下菜碟。
料理人は客の好みを把握して、それに合わせた料理を出さなければならない。


 客の好みに合わせて「看人下菜碟」する料理人はスゴいけど、客の外見や身分、地位によって「看人下菜碟」するとしたら、どないでしょう?見た目に金持ちそうな客なら高級和牛を、パッとしない貧乏くさい客には、どうせ味が判らんだろうからと期限切れ肉を使ったりするような料理人は最低です。料理に限らず、このように「人によって対応や態度などを変える」ということも「看人下菜碟」は表します。良くない意味合いで使われる方が多いみたいです。


260812.jpg


请客要看人下菜碟,男女老少决不能同一对待。
おごるときは相手を見なければならない。老若男女けして同じ対応ではない。

有的维修工人上门服务,收费标准也是“看人下菜碟”。:
ある修理屋の訪問サービスは標準料金も客によって変わる。

他的态度就是看人下菜碟。
彼の態度はまさに相手によって変わる。

他说:“我们的法律很好,但在应用中是看人下菜碟。”
彼は「我々の法律は良いのだが、運用上で、人によって適用が変わる」と言った。

不要看人下菜碟!
人をみて態度を変えるな!


 昔、中国で市場で買い物するとき、オレが外国人だとみるや、よく値段を高くふっかけられたものです。これも一種の「看人下菜碟」やな。


モーニングバード「プロ技キッチン!」(vol.3)


関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント