スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】”およそ”の数の表現 「不到~」

 日頃の会話で、よく使っている「およそ」の数を表す言い方を改めて意識してみたところ、オレの場合は、「~くらい」と「だいたい」、そして、これらを合わせた「だいたい~くらい」がトップ3。これらの次点で意外に使っていたのは「~弱」。例えば、「このパソコンは6万弱した」とか「高さは3メール弱ある」とか「あいつは40歳弱かな」とか。皆々様は如何?

 この「弱」は国語辞典によると「端数を切り上げた数字であることを表す」(大辞泉)とあります。感覚的には、6万円なら58000円、3メートルなら2.90メートルというように、実際の数量が示されたものより「ちょっと足りない」感を表します。言うまでもないけど(笑)。

zh260924.jpg


  この「~弱」に相当する中国語は「不到~」。文字通り「~に到らず」、つまり「~に足らず」のニュアンスです。この感覚で覚えておくと応用が利きます。また感覚も日本人とほぼ同じみたいです。また、辞書よって「~弱」の中国語として、そのままの「弱」や「不足」なども載っているけど、これらは不自然だとか。中国語の「弱」にいたっては、おそらく古語でこの意味で使っても全く通じないとのこと。


他离婚不到一年就又结婚了。
彼は離婚して1年弱でまた結婚した。

用不到 250 个字意译出这篇文章。
250字弱でこの文章を意訳する。

不到二十分钟的这个视频真让人感动了。
20分弱のこの動画は人々を感動させた。

我在那家餐馆吃饭花了不到100元。
あのレストランで100元弱を食事に使った。

他不到30岁经常掉发,长了好多白发。
彼は30歳弱でよく髪の毛が抜けて、いっぱい白髪が生えている。

前天气温最高35度左右,今天还不到20度。
前日の気温は最高は35度ぐらいだったが今日はまだ20度弱だ。


 「不到~」は「~到らず、~足らず」ということで、基本、数量を表すものには何にでも使えます。それが日本語で「~弱」を使うのが変な場合でも。例えば時刻。「不到+時刻」で、(時刻)に到らないということで「~時前」を表します。


每天晚上我基本不到10点就困了。
毎晩私は基本10時前には眠たくなります。

早上吃了不少,但是不到十点就饿了。
朝たくさん食べているのに、10時前にはお腹が減る。


 ついでに「~時前」を表す別の言い方に、「快+時刻+了」もあります。「まもなく(時刻)になる」という逆に発想した表現。


每天晚上我基本快十点了就困了。
毎晩私は基本10時前には眠たくなります。


 ちなみに逆の「~時過ぎ」と言う場合は「時刻+多」です。


每天十二点睡觉,早上八点多起床。
毎日12時に寝て、朝8時過ぎに起きる。

每天一到10点多就频繁断网。
毎日10時過ぎになると頻繁にネットが切れる。


 この時刻の「不到~」や「~多」は、オレが聞いた限りでは、日本人より感覚が全体に長めです。「不到10点」なら、9時50~59分ぐらいだと、「10点多」だと10時01~10分ぐらいがオレの感覚。でも中国人は人によって幅があって、ひどいと前後30分を含むという人もいました。この件も現在調査中。いずれにしても、日本人と同じ感覚とは限らないので要注意。


関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント