スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】巧 qiǎo

 以前「タイミングが悪い」という「不是时候」を取り上げましたが、「不巧 bùqiǎo」も同じ意味です。文型も「動詞+得+不巧」です。


来得真不巧,她刚走。 
本当に来るタイミングが悪かった、彼女は出て行ったところだった。


逆に「タイミングが良い」のは「巧 qiǎo」。


来得真巧,他还在。  
本当にタイミング良かった、彼は未だいた。


 この「巧」には、「偶然にも」という含みがあるので、日本語としては「很巧」は「おりよく、奇遇にも」、「不巧」は「あいにく、間の悪いことに」という訳で、副詞的、感嘆詞的にも使います。


很巧,她就住在我家隔壁。   
偶然にも、彼女はうちの隣に住んでいた。

真巧,在这儿碰到你。     
ほんとに奇遇だね。 ここで君に会うなんて。

我一进月台电车就开走了,真不巧。
ホームに上がった途端、電車が出てしまった。ホント間が悪い。

  
真不巧,那天有事参加不了。   
本当に間が悪いことに、その日は用事があって参加できない。


 「巧」と「不巧」の使い分けはこのように基本簡単なのですが、場面や話し手の感情、語気によっては、両方とも使えて、微妙なニュアンスの違いを表します。例えば、会社の女性同僚と一緒に食事をしているところを、偶然彼女に見られたという場合、


①很巧,被女朋友看见了。  

②不巧,被女朋友看见了。  


①②とも表す基本的な意味は「偶然にも~」ですが、話し手の語気が異なります。①は、見られる可能性は殆どなかったはずなのに、おりよく見られてしまうなんて…。②は、よりによってタイミングの悪いことに…。必ずしも②が正解というわけでないのです。外国人には難しい部分です。


なお、「巧」は中国南方ではあまり使わないとのことです。



関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント