スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】非主流 fēizhǔliú

 「非主流」は文字通り「主流」ではないことで、その「主流」とは物事の主要な傾向のこと。「主流」が中心的で多数派的であることに対して、「非主流」は主流から外れた傍流、時には逆流あるいは異端といった少数派のイメージです。これは中国語も日本語も基本的には同じ。


zh261130.jpg


 「非主流」は日本語ではあまり日常的には使わないけど、中国語では意外と使われています。ただ多くは基本の意味通りではなくて独特の使い方をしてます。意味合いとしては、世の中の主流に沿わず、流行に関係なく、わが道を行くという感じで、大多数の人たちからみると「一風変わっている、理解しがたい、非常識」、端的にいえば良くも悪くも「個性的」。当然ながら多数派からすると、「非主流」にはあまり良くないニュアンスを含むことが多いみたい。しかし、日本人でも同じだけど若い世代は「非主流」に肯定的で、憧れそして好む傾向があります。彼らにとってはいい意味で使われます。


非主流都是无聊的人干的事。
変わったことをするのは、退屈な人がやることだ。

大学的时候,我很爱非主流,跟着留长头发打耳洞。
大学の頃、僕は個性的なことを好んでいて、長髪でピアスを開けていた。

这首歌很好听,很非主流。
この曲はとてもよくて、とても個性的だ。

我男朋友穿得很非主流。
私の彼は奇抜な服を着る。

别再非主流了好吗?
もう変な格好はしないでよ。いいですか?

她去留学日本之后,变得很非主流。
彼女は日本に留学してから、変わって浮いてしまっていた。


 最後の例文は、日本帰りの彼女は、その服装や髪形、または仕草や考え方が、おそらく周囲からは浮いていたのでしょう。垢抜けていたかもしれませんが、話し手や周囲の人たちにすると彼女が「非主流」に変わってしまったと感じたということです。それが失望なのか、非難なのか、羨望なのかはこの一文だけではハッキリとはわかりません。実際、いい意味で(周りから浮いて見えるくらいの)目を引くカッコいい、可愛い、キレイな人を「非主流」と形容する使い方もあります。

 いずれにしても「非主流」は、良くも悪くも自分(たち)の価値観や感性に合わない人や物事に対して使います。「非主流」はたぶんに主観的です。


関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント