スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】立事 lìshì

 正月に半年ぶりに4歳の姪っ子に会ったら、その仕草も物言いもかなりしっかりしてきてて、その成長ぶりにびっくり。まさに「よその子とゴーヤは育つのが早い!」(笑)。


zh270106.jpg


 この「しっかり」に当たる中国語が、今回の「立事」です。「若いのにしっかりしてるね」という場合の漠然とした「しっかり」です。オレが調べた限りでは辞書には載っていないけど、ちょくちょく使われる単語ということなので取り上げました。これは「論語」の有名な一節、「子曰、吾十有五而志于学、三十而立、 四十而不惑・・・・」の中の「三十而立sān shí ér lì (三十ニシテ立ツ=30歳で自立する)」に由来するものだとか。人を形容する場合のみに使われます。考え方や話す内容がしっかりしているという場合には使えません。


单亲家庭长大的孩子都很立事。
片親の家庭で育った子供はみんなしっかりしている。

我小时候就是个很立事的孩子。
私は小さい頃、しっかりした子供でした。

男孩子立事晚,女孩子立事早。
男の子はしっかりするのが遅く、女の子は早い。

她十七八岁就立事了。
彼女は17,8歳で自立した。

通过一些事情让他知道他的责任,就可以自然地立事了。
いくつかの事柄を通して彼に自分の責任を分らせることで、自然に自立できるのだ。


 否定形は「不立事」「没立事」(どちらでも可)です。


我都24岁了还不立事牙。
オレはもう24歳だけどまだしっかりしていない。

现在的小孩子三年级根本没立事。
現在の3年生の子供は全くしっかりしていない。


 この「立事」は上記の通り「三十而立」に由来する単語なので、肯定的に30歳以上の人に対して使うと失礼になるとのこと。確かに30歳超えの大の大人に、「しっかりしてますね」と褒めるのは日本語でも変(笑)。




子供の成長期応援サプリメントDr.Senobiru


関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント