スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】冷 lěngと凉 liáng

 毎日、めちゃ寒いっス。 先日、中国人と握手しました。彼女の手が、めっちゃ冷たい!思わず、「你的手很冷!」と言うと、この場合「冷 lěng 」ではなく「凉 liáng 」を使うと直されました。「你的手很凉!( あなたの手は冷たい)」 これが正しい中国語。日本人的には違和感を覚えるけど、「冷たい」を表すには、主として「凉」を使う。水が冷たいも、一般に「水很凉」。

 一方、「冷」を使うのは、天気(気温)が寒いときが主らしい。


今天天气很冷。


でも、天气越来越凉了という場合は、やっぱり日本語と一緒で「涼しい」という意味。 ちなみに「冷」と「凉」の反対は、どちらも「热 rè 」 今さら知った中国語の「冷たい」でした。最近は、この「今さら」が多くて…(汗)


追記

その後、「冷」と「凉」について、いろいろ調査してみました。結論、「冷たい」という場合、対象が何であれ「冷」と「凉」はどちらでも可。使い分けは話し手の感覚による、ということのようです。


你的手很凉。でも 你的手很冷。 どちらでもOK。


ただ、文字通り「冷」は「凉」より、温度が低いという感覚があるみたい。気候については、天气很凉。 と 天气很冷。前者はやっぱり「涼しい」で、後者は「寒い」。それから、今回、両者の微妙な使い分けがあると知りました。


茶太凉。
然な常温状態に放置していて「冷めて」しまって、お茶がとても冷たい。

茶太冷。  
冷蔵庫などに入れて「冷やした」ため、お茶がとても冷たい。


把茶放凉了,再喝。 
お茶を放置して冷ましたので、さあ飲もう。

把茶在冰箱里冷一下 
お茶を冷蔵庫で冷やそう。


このように、熱が自然に冷めて(あるいは冷まして)、温度が下がると「凉」、冷蔵庫で冷やしたら「冷」。このようなニュアンスの差もあるようです。日本語では漢字は「冷」だけですが、「冷める(冷ます)」、「冷える(冷やす)」と使い分けしてる感覚と似てます。

ついでに、「冷たい」がらみの言い回し。


他的态度很冷淡,我狠心寒了。
彼の態度が冷たくて、とても傷ついた。(絶望感)

我心冷了! 
どうでもよくなった! どうでもいい!(諦め、放棄)

心静自然凉。
(暑い中で)心が平静であれば、自然と涼しくなる
≒心頭滅却すれば火もまた涼し

我是个耐冷的人。私は寒さに強い。
(反対は「耐熱(暑さに強い)」。人対してもも使える!)




関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

「你的手很冷!」について
讃無さん:

>「你的手很冷!」と言うと、この場合「冷 lěng 」ではなく「凉 liáng 」を使うと直されました。

自分の体、手、足などが寒いと感じる時に、普通、「我的手很冷」、「我的腳很冷」などと言います。

従って、「手很冷」は、単に手の温度が低いだけでなく、自分自身が「手が寒いな」と覚えるという意味が伝わってくることになりました。

ですので、「你的手很冷!」は
「あなたは、手が寒いと感じているよね」という意味になって、聞き手は「ちょっとおかしいですね、あなたは私ではないのに、何故私の感じを知っているの?」と思うことが多いようです。

「あなたは、手が寒いと感じているよね」の意味なので、「你的手很冷吧?」と書き換えると、自然な表現になります^^

でも、「你的手很涼」、「你的手很冰」(寒さの程度がもっとひどい)の方は、例の問題はないようです。

それは、「涼」、「冰」は大抵客観的に使われてるからと思います。単に手の温度が低いことを意味できます。

「你的手很冰」と同じように、「你的手很痛」も変な文になります。その原因は同じで、体や体の部分の語彙に「冰」、「痛」などの形容詞がくると、主観性が重い文になるためと思います^^

日本語について、はっきり不自然な部分があるなら、ぜひ教えてください!お願いします!
言い忘れたこと
「冷める(冷ます)」、「冷える(冷やす)」の使い分けについて、勉強になりました。ありがとうございました!

このように、中国語の認識に基づいて、讃無さんの記事のお陰で、すぐ、ほぼ同じ意味の日本語の表現や細かい使い分けを知ることができますので、日本語を勉強するには、実に大変役に立つと思います^^

また、讃無さんがお返事になっても、何の知らせももらえないようなので、中国語について話し合うお返事があったら、メールでどの記事のコメントにお返事あるか教えてくださる方がよろしいと思います。
(自分が讃無さんにお聞きした質問は自分で留意しているので、気を使わないでください!)
Re: 「你的手很冷!」について
我清楚了。謝謝你詳細地補充解釋!

コメントの投稿

非公開コメント