スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】「想法 xiǎngfa」の別の意味

 国語 学習 勉強

 「想法」は中国語の初級で習う基本的な単語で、中国人の会話でもよく登場します。「考え」「考え方」「意見」といった意味が一般的だけど、場面や文脈、話し手の口調(語気)などによって、さらに別の意味を表すのだとか。その1つが「不満」です。会話でよく使うみたい。


老板说对我的工作有想法。
社長は私の仕事に不満があると言った。

我总是感觉到直属上司对自己有想法。
いつも直属の上司が自分に不満があると感じている。

对日程您有什么想法?
日程について、何か不満はありますか。

他在工资待遇方面有想法。
彼は給料の待遇面に不満をもっている。

我对昨天老公的行动有些想法。
私は昨日の夫の行動に少し不満がある。

如果有什么想法的话,请不要客气,尽管告诉我。
もし何か不満があれば、遠慮なく何でも私に言ってください。


これらの例文では、あえて「想法」を「不満」と訳したけど、場面が分からないので「考え」とか「意見」という意味でも訳せます。でも実際の会話の場面では、話の流れや話し手の表情、口調(語気)によって、「想法」は「不満」の意味になるのだとか。日本語でも「〇〇に思うところがある」というと不満の意味になるのと似てます。


老公对我的妹妹有想法。
夫は私の妹に「想法」を持っている。


これだけだと、この「想法」は「不満」でも訳せるし、「意見」やも妹の将来か何かについての「考え」などでもいけますが、場面によっては「恋愛感情」を表すのだとか。「夫が妹に好意を抱いている」となると事は複雑です。この恋愛感情は特に良くない意味合いで使われるとのこと。「下心」と訳したほうが合う場合もあります。

 いずれにしても、「不満」と「恋愛感情」とではえらい違いです。 このように「想法」は意外と曲者です。「想法=考え」という認識は少し改めた方がいいかも。

 

これでもご不満?限定赤芋焼酎完全ベスト6本セットvol.2【赤霧島 赤兎馬】




関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント