スポンサードリンク

热门博文
 

「銀聯」のプリペイドカード、誰でも作れて中国に行く時に便利!

いつしか街のあちこちで、この中国「銀聯(ぎんれん)yínlián」カードのマークを見かけるようになりました。日本にこんな状況が出現するとは隔世の感があります。

ちなみに、「銀聯」とは中国最大のカード決済会社で、国策によって「」行が「」合(連合)して出来たことから付いた名前だとか(初めて知った。。。)。

中国 銀聯カード ネオマネー プリペイドカード


知り合いの中国人が、外国人が中国に行く時にも銀聯カードを持っていると便利だと教えてくれたので紹介します。

中国で便利な銀聯カードは中国人の必需品


銀聯カードのほとんどはクレジットカード(信用卡)なくて、支払いと即時に自分の口座から引き落とされるデビットカード(借记卡)だとか。

審査無しで誰でも持てるので、急速に普及が進んでいて、今や中国人の必需品になっているとのこと。

このため、中国では銀聯カードが使える店舗やATMが、VISAやマスターカード、JCBなどよりもはるかに多くて、利便性が高くなっています。友達がこの間北京に行ったとき、それなりの店構えのレストランでも銀聯カードしか使えなくて困ったと言ってました。

かといって、現金を持ち歩くのはやっぱり危険です。中国に行くなら銀聯カードが1枚あると便利で安全ということです。

中国に行く時、簡単に誰でも作れる銀聯カード


では、その銀聯カードはどうやって作るのか。

普通は、中国現地の銀行に口座を開いて銀聯付きキャッシュカードを作るか、日本で銀聯付きのクレジットカードに申し込むといった方法があります。でも長期に滞在するのであればいいですが、短期間の出張や旅行、1年程度の留学ではあまり現実的ではありません。

そんな人に向いている教えてくれたのが、「ネオマネー銀聯」という海外専用プリペイドカードです。

イメージとしては鉄道の乗車カードにように先に必要な額を入金しておく方式のカードです。入金した額の範囲内で、クレジットカードのように銀聯の加盟店で支払いしたり、ATMで現金(現地通貨)を引き出したりすることができます。

プリペイドカード「ネオマネー銀聯」の特徴


  • クレジットカードではないので、審査はなく13歳以上であれば本人確認だけで誰でも作れます
  • 発行費や維持費などの費用はかかりません
  • 支払いやATMでの現金引き出しに使える中国最大の銀聯ネットワークが利用できます
  • 入金した分しか使えないので、使い過ぎ防止になります
  • カードと口座情報がリンクしていないので、リスクが低いです。
  • 紛失や盗難時は届け時点の残額が補償されるので、現金を持ち歩くよりも安心です。

注意点


  • 日本国内では使えません。でも、銀聯カードは世界150か国で使えるので中国以外に行った時も使えます。
  • 現地のATMで現金(現地通貨)を引き出す際は手数料がかかります


という訳で、オレは今のところ中国に行く予定はないけど、いつでも行けるように「ネオマネー銀聯」を作ってみました。ちなみに、カードを持っているだけでは費用は何もかかりません。

現物のカードには自分の名前も入っていなくて、なんか偽物のクレジットカードみたい(汗)。でも、教えてくれた中国人も、中国によく出張する友達も、ちゃんと使えているので、大丈夫です(笑)。

中国 銀聯カード ネオマネー プリペイドカード

海外にいくときは、複数の支払い手段を用意しておくことが鉄則です。特に中国の場合は、クレジットカードと併せて「ネオマネー銀聯」を持っていると最強だと思います。

よかったら参考まで。
詳しくは「ネオマネー」の公式サイトで確認してみてください。

銀聯  ネオマネー 中国 カード

関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント