スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】打手势 dǎ shǒushi

 中国に行ったことある人や、中国人と関わったことがある人は経験があると思うけど、指での数の表し方が独特です。6以上も片手で表せるのが特徴。多少地域差があった(特に7)けど、オレの経験では下図の方法が多かったです。

中国語 学習 勉強

オレが多用したのは10で、漢字の十に見立た指を交差する形。発音上の10と4の取り違いを防ぐために、ウルトラマンのごとくやってました。結構役に立ちます。ちなみに、日本人は「3」というと中の3本を立てるけど、中国に限らず世界的には珍しがられます(というかできない人が多い)。

 さて、上の画像にある「手势」というのが、この「身振り、手振り、手真似」に当たる中国語で、動詞の「打」を付けて「打手」となると「身振り(手振り、手真似)する、ジェスチャーする」という意味になります。


他说话时,很爱打手势。
彼は話す時、とてもよく身振り、手振りをする。

我问卖家价格的时候,他给我打"十"的手势,但是我以为那是不卖的意思。
売り手に値段を尋ねたら「10」の手真似をしたが、売らないという意味だと思った。

在开会中,同事给我打手势,问了要不要一起吃午饭。
会議中、同僚がオレに手振りで、昼飯一緒に食べるかと聞いてきた。

他向我打手势,要我把钢笔递给他。
彼は僕に手振りでボールペンを渡してほしいと伝えてきた。

他拼命向他的同伴打手势、但是那个同伴完全没注意到了。
彼は必死で同行者に手振りしたが、その同行者は全く気付かなかった。

我们打手势是因为它是我们语言的一部分。
私たちが身振り、手振りするのは、それが言葉の一部分だからだ。


 数の表し方のほかにも、「手势」の日中間の違いにはいろいろあって、戸惑うけど面白い部分です。中国人に言わすと、日本人は中国人よりも「打手势」が多いみたい。欧米人ほど大袈裟ではないけど、細々とよくやっているとか。言われてみると、指で丸を作って「お金」「OK」、指クロスで「ダメ」「お勘定」、手刀を切って「ありがとう」「すみません」「前を横切ります」などなど確かに多い。ところで、中国人に発音が通じないとき、話ながら無意識に声調記号に合わせて首や手が動くのはオレだけ?


ネイティブが毎日使う英語のジェスチャー50 [ ジャニカ・サウスウイック ]



関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント