スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】耳が良い

 ある日、薄い壁一枚向こうから、知り合いの中国人が電話しているのが漏れ聞こえてきた。早口でほぼ聞き取れず雑音と化していたところ、ふとオレの名前が聞こえた気がして、耳を澄ます聞いてみると内容は分らんけど、やっぱりオレの話しているみたい。気になったので、電話が終ってから聞いてみたところ、その中国人に言われたのが、


你耳朵挺尖。


ここでは「耳がとても尖っている」ではなくて、「耳がとても良い」「聴覚が鋭い」ということ。「尖 jiān」には「感覚が鋭い」という意味もあるとこの時初めて知った次第。この「尖」のほかにも、「動作や反応が素早い」の意味の「灵 líng」を使ってもOKとか。「尖」にしても「灵」にしても、咄嗟には出てきにくい単語・・・。ちなみに、「早耳」や「地獄耳」的な情報が早いという比喩的な意味合いはないとのこと。

中国語 学習 勉強


公司里有一个耳朵太尖的人,没法说点悄悄话。
会社にとても耳が良い人がいるので、ひそひそ話ができない。

别忘记上帝的耳朵很尖。
神様は耳が良いことを忘れるな。

这不是因为中国人的耳朵尖,而是因为仅仅他们只有最适应听母语的鼓膜。
これは中国人が耳が良いのではなく、彼らの耳に母語に最適な鼓膜があるだけのこと。


この感覚が鋭いという意味での「尖/灵」は、耳のほかに「鼻子(鼻)」や「眼睛(目)」にもよく使われるとのこと。


A:今天晚饭是咖喱饭是吧?   
  今日の晩飯はカレーやろ?

B:你鼻子怎么那么尖?
  お前の鼻はなんでそんなにええねん?


妈妈的眼睛真尖。 一看就找到我,
お母さんの目が本当に良い。見てすぐに私を見つけた。


 「鼻子尖」は日本語で「鼻が利く」で、「自分の利益になることにすぐ気が付くこと」という意味もあるけど、中国語ではあくまで嗅覚が鋭いと言う意味。「眼睛尖」は視力が良いのではなくて、「目ざとい、見つけるのが早い」という意味。

 オレの耳が「尖」だと中国人に言われたけど、実際は超悪い。有気音と無気音、ngとnの聞き分けも苦手。耳が悪かったらホンマ語学には不利やね。


奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー [ 篠原佳年 ]



関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント