スポンサードリンク

热门博文
 

欣赏小笑话 中国語で笑い話4

 今回もほのぼの系の中国語の笑い話を3篇を紹介します。


中国語 学習 勉強

阿姨请客  保母さんがおごる


  火锅城为了招揽生意,在广告牌上写着这样一句话:“自助火锅,每位18元,身高一米以下的儿童免费。”
  幼儿园的李阿姨看后无比激动,怀揣18元钱,领着班上的50名小朋友于中午12点准时来到了火锅城。
※招揽zhāolǎn: 招きよせる、取り込む。 为了招揽生意:商売繁盛のため
※无比wúbǐ: この上ない、比類がない
※揣 chuāi: (懐やポケットの中に)しまう、押し込む。

【日本語】
 火鍋屋は商売繁盛のために、広告看板にこんな一言を書いていました。「火鍋食べ放題。お一人さま18元、身長1メートル以下のお子さんは無料。」
 幼稚園の保母の李さんは、これを見てえらく興奮して、懐に18元を押し込み、クラスの50人の児童を率いて、お昼の12時に時間通りに火鍋屋にやってきました。

五百年后 500年後


  小赵去听一个文学评论家的演讲,评论家从≪诗经≫讲起,小赵听了几分钟就睡着了。
  醒来后,他问旁边的听众:“讲到哪里了?”
  傍边的听众说:“讲到明代小说了。”
  小赵嘀咕道:“哦,那五百年后再找提醒我。”  

※嘀咕dígu: ひそひそ話す、ぶつぶつつぶやく。

【日本語】
 趙さんはある文学評論家の講演を聞きに行きました。評論家は「詩経」から話し始めましたが、趙さんは数分聞いて寝てしまいました。
 目が覚めて、彼は隣の聴衆に「どこまで話しましたか」と尋ねました。
 隣の聴衆は「明の時代の小説まで話しましたよ。」と答えました。
 趙さんはひそひそと言いました。「そうなんですね。それなら500年後にもう一度私を起こしてください。」と。

短信息 ショートメール


  小李爱捉弄人,没事就给同事发短信息。
  有一次,他给了朋友发了手机欠费的通知,害得那人白跑一趟。
  这天深夜两点,小李睡得正香,突然铃声大作,原来是一条手机短信息,小李一看,气得差点晕倒。那短信息是:“姿势不对,起来重睡!”


※捉弄zhuōnòng: からかう、困らせる。
※大作dàzuò: 激しく起こる。

【日本語】
 小李は人を困らせるのが好きで、何もなくても同僚にショートメールを送っていました。
 ある時、彼は友達に携帯電話の料金不足の通知を送ったために、そのせいで友達は無駄足を踏んでしまいました。
 この日の深夜2時、小李がぐっすり眠っているとき、突然着信音が激しく鳴りました。それは携帯のショートメールでした。小李はそれをみて、怒りのあまり危うく卒倒するところでした。そのメールの内容が「寝ている姿勢が正しくないから、起きてもう一度寝直せ!」だったから。


 お後がよろしいようで。


関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント