中国語まったり学習記

中国語と悪戦苦闘している中級レベル程度の管理人が、復習とモチベーション維持のため、勉強を通して、分かったことや気づいたことなどを中心に書き留めています。

 

【中国語】卡 kǎ

 卡拉ok や信用卡などでお馴染みの「卡」という漢字、今ではすっかり見慣れてしまったけど、初めて見たときは、それはもう鮮烈でした。しかも簡体字ではなく、これが正字。そのうえ簡単そうで書きにくい(笑)。こんな漢字と出合えるのも中国語の面白さです。

 この「卡」には、ご存じのとおり「カード」や熱量の単位「カロリー」の意味がありますが、動詞で「挟む」という意味もあるんです。オレは今回初めて知ったけど、結構日常的に使われているようです。


我被门卡住了。
ドアに挟まれた。

後に動作の停止/安定を表す様態補語「住」がついて、挟まれて動けない状況を表します。


我被门卡着,动不了。
ドアに挟まれていて、動けない。

「着」が付いているので、状態が継続している状況です。電車に駆け込み乗車をしたときの一番恥ずかしい状態ですよね。このような現実世界だけでだけなく、抽象的な観念上の状況でも使えます。


我被这道题卡住了。
この問題に挟まれた。

変な日本語ですが、状況は想像できると思います。試験で難しい問題があり、解答作業がそこで足止めを食ってるんです。「阻まれた」と訳した方が自然でしょうか。


我们卡住敌人的退路。
我々は敵の退路を阻んだ。→ 敵の前後を挟みうちにしている状況


「普卡」「深卡」という名詞があります。日本語に訳しにくいけど、前者は、「(例えば、ある問題が原因で)身動きがとれない普通程度な状態のこと」、後者は「もっと深刻な程度な状態のこと」。時々使われる程度の単語らしいですが、参考のため。


あと、辞書によると「卡」がこの動詞の意味の場合は「qiǎ」と発音すると書いてますが、オレがみたところ辞書の種類によって書いてあることが微妙に違います。いずれにせよ、オレの知り合いのネイティブ中国人が、普通に「kǎ」と言っているので、ここでは「kǎ」としました。

関連記事

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 中国語

コメントの投稿

秘密

排行榜投票
点击一下。谢谢合作!
博主

讃無

Author:讃無
问好朋友我博客有新文发表,欢迎指点!

※当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。

DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でサイト利用者に表示できます。

サイト利用者は下記のGoogleアカウントの広告設定ページで、インタレストベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info のページにアクセスして頂き、インタレストベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。

その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

链接