スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】今朝 jīnzhāo

 今日も新しい朝がやってきたけど、今朝もパン1枚とコーヒーの朝飯喰って、いつもやってくるスズメのつがいにパンのかけらをやってという、いつも通りの朝でした。


中国語 学習 勉強


 中国語を習い始めのころは、「朝」は朝でなく「早上」だというのが、ちょっとびっくり。そして「今朝」のことは「今天早上」と長ったらしいことも。もう慣れたけど。でも、中国語にも「今朝」という単語があります。ここの「朝」の発音は「zhāo」。注意すべきは発音だけではなくて、その意味も。日本語と違って「今日」とか「現在」を表します。「朝」とは全然関係あらしまへん。この「今朝」は古語の類で、使われるのは限定的ですが、知っておいた方がいいです。
 
 まず、「今朝」が一番よく使われるのがコレだとか。


今朝有酒今朝醉
今日酒があるなら、今日酔う。


罗隐という人の詩の一部で、この句に「明日愁chóu来明日愁(明日の心配は明日が来てから心配する)」と続きます。つまり、「今を楽しむ、宵越しの金は持たない、明日は明日の風が吹く」といった意味合い。覚えておくと良い決まり文句です。詩といえば次の毛沢東が作ったものも有名。「沁园春」という詩の一部だそう。


数风流人物,还看今朝。
ずば抜けた人物を挙げるなら、さらに現在を見ろ(⇒今の時代も多い)。


あと、「今朝」を使うのは、中国人が好きな節目節目で送り合う祝福語の中。よく「年年/岁岁有~」の形で、毎年巡ってくる正月やクリスマスといった「节日」や誕生日、定期的に開催されている集まりや会合に際して使う祝福語として使われるとのこと。例えば正月であれば、また来年も再来年もずっと、健康で無事に正月を迎えられるようにといったイメージ。


祝大家万事如意,恭喜发财,年年有今朝!
皆様が思いが叶い、お金が儲かって、毎年、この日を迎えられますように。

祝你年年有今日,岁岁有今朝!
毎年、今日がありますように。


あと、少し気取った文章や格調高いものにしたいときに、「今天」の代わりに使うこともあるとか。


今朝竟是离别时。
今こそ別れめ。


 このように中国語の「今朝」は会話にはほとんど出こないけど、文字では見かけることがあるので、日本語の「今朝」とは違うことだけは知っておきましょう。ついでに、上海話では今日のことを普通に「今朝」というのだとか。もちろん発音は普通話とは違うけど。


「九転十起」広岡浅子の生涯 [ 古川智映子 ]



関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント