スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】拒絶の「死活 sǐhuó」

 この頃は関西人も納豆をよく食べるようになったけど、頑として食べない人もまだまだいます。オレもそう。これまで美味いと思ったことがないし、そもそも興味がない。しかし、実家に帰ったら、知らぬ間にオカンが食べるようになっていて、オレにしつこく勧めるけど断固拒否。もう意固地(汗)。

中国語 学習 勉強


 こんな何が何でも納豆を食べないというような、「頑として/何が何でも~ない」という強い拒絶の意思を表すとき、中国語では「死活+否定形」が合うのだとか。初級で習う「怎么也+否定形」よりも強いニュアンスが出るとのこと。生死を賭けるほどの拒絶のイメージかな(笑)。


他死活不吃納豆。
彼は頑として納豆を食べない。死んでも納豆を食べない。

我爸死活不同意我去中国留学。
父は私が中国に留学することを何が何でも同意しない。

老婆死活不肯相信我。
嫁は頑として私を信じようとしません。

昨天她死活都不让我亲嘴了。
昨日、彼女は頑として私にキスさせなかった。

我明年计划去日本旅游,有仇日情节的我妈死活不让我去。
来年日本に旅行する計画をしているが、反日感情がある母親がどうしても行かせてくれない。


 「死活不让(人)~」で「頑として(人)に~させない」は決まり文句として覚えておくと便利かも。ちなみに、中国語の「死活」の本来の意味は、文字通りで「死ぬか生きるか」だけど、否定文の中でしか使えないとのこと。日本語のように「死活問題」という使い方もしないみたい(中国語では普通「生死问题」や「存亡问题」というそう)。


他们根本就不在乎我们的死活。
彼らはそもそも私たちの生きるか死ぬかを気に掛けていない。


 実家から自宅に戻って鞄を開けたら、上等そうな納豆が忍び込ませてあった。捨てるのももったいないので、食べ方をネットで調べて食べてみた。想像していたよりも臭いも粘りも少なくて、案外すんなり食べられた。でも自分まだの金で買うほどの食べ物ではないな(笑)。


手作り納豆キット(6人前)



関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント