スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】长心眼(儿) zhǎngxīnyǎn(r)

 前回の中国語「留心眼(儿) 」の流れで、今回は「长心眼(儿) 」という表現を取り上げます。ここの「长」は「增长 zēngzhǎng」の「长」で「増やす」という意味の動詞で、これに名詞の「心眼(儿)」が付いた形です。


中国語の「长心眼(儿)」の意味や使い方

 
 「心眼(儿)」には、辞書を引くと「知恵」とか「考え」といった意味が載ってますが、「留心眼(儿)」のところで触れたように、単なる知恵や考えではなくて、自己防衛や保身にかかわるものといった意味合いがあるみたい。つまり、自分が生きていくため、世間を渡っていくために必要な知恵や考えです。これらには時に嘘をついたり、誤魔化したり、他人を騙したりといった”悪知恵”も含まれます

 このような知恵や考え方を経験や学習によって増やして、身に付けていくことが「长心眼(儿) 」で、良くも悪くも「知恵が回るようになる(⇒機転が利く)、利口になる」ことを表すとのこと。日本語に訳しにくいときがあるので、イメージで覚えておくと使いやすいです。


最近我三岁的小孩长心眼了。
最近、うちの3歳の子は利口になった。
(悪知恵が働くようなった、という意味合いも)

出国旅行必须要长点心眼儿,否则肯定会出事。
海外旅行では少し利口にならないといけない、さもないと必ず事故に遭います。

这本书让人长心眼的。
この本は人を利口にします。

老公不长心眼要气死了。
夫は機転が利かないから、発狂しそう。

男友没心眼,老被人骗,怎么教他长心眼?
彼氏は世間知らずで知恵がなく、いつも人に騙される。どうやって彼に利口になることを教える?


 最後の例文にある「没心眼(儿)」、その反対の「有心眼(儿)」も、よく使う表現だそう、この「心眼(儿)」も上記の流れのもの。「没心眼(儿)」は、「生きていくための知恵がない、世間を渡るための知恵がない」こと。「没心眼(儿)」な人というと「世間知らず、世渡り下手」あるいは他人に無防備な「バカ正直」になるとか。

 ようやく、なんとなく「心眼(儿)」のイメージが分かってきたような。でもまだまだ奥深そうです。

お利口さん



関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

いつも勉強のときにお世話になっています。これからも楽しみにしています。
Re: タイトルなし
ありがとうございます!
多少ともお役になっているようでうれしいです。
励みになります。

コメントの投稿

非公開コメント