スポンサードリンク

热门博文
 

【中国語】(ご飯を)おごる、ごちそうする

 「(人に食事などを)おごる」の中国語というと、「请客 qǐngkè」という単語が思い浮かぶ人は多いと思います。初級で習う基本的な単語だけど、何かややこしくないですか。オレは恥ずかしながら、未だに頭が一瞬混乱することがあります。今回は同じような人がいるかもしれないので、「人におごる、ごちそうする」という場合の中国語について整理してみました。

ご飯をおごる、ごちそうするを中国語でいうと?

 「请客」は動詞の「请」と名詞の「客」がひっついた中国語特有の”離合詞”ってやつです。ここの「请」は「招待する」という意味なので、「客を招待する⇒おごる、ごちそうする」ということを表します。この「请」を「請(こ)う=頼む」と思ってしまうと混乱します。


今天我请客。
今日は私がおごります/ごちそうします。


 おごる相手(おごってもらう人)を入れる場合は、離合詞ならではの「请+相手+(的)+客」という中間に挟みます。”私の客”ということで、おごる方を挟みたくけど、それは間違い。


今天我请的客。
今日は私があなたにおごります/ごちそうします。


でも、普通にこの文をみると、”你的客(あなたの客)を招待する(请)”となって、おごる相手が”あなた”ではなくてその”客”のように思いません?ここの「的」が曲者で、一体なんやねん!となるけど、これはどうも慣習的なものみたい。実際のところ中国人は「请你客」とほとんど「的」を入れないのだとか。この「客」は古代の中国語で「客人になる」という動詞とのことで、「あなたを客人にして招待する」という意味になって、「的」が入っているよりも分かりやすくなります。

 次に、おごるもの(こと)を入れる場合は「请+相手+(客)+もの/ことが基本なります。


今天我请你(客)吃饭/吃寿司/喝啤酒/打保龄球
今日私があなたにご飯/寿司/ビール/ボーリングをおごります。


中国語では日本語と違っておごる内容には「ご飯を食べるのをおごる」「ビールを飲むのをおごる」といった具合に必ず動詞が付くので要注意です。この時はよく「客」を省くのだとか。


今天我请你吃饭。
今日はあなたにご飯をおごります。


「客」が無いと、文脈によっては「あなたにご飯を食べてと頼む」とも取れるので、これもややこしいところやね。


他请我只一瓶啤酒了。
彼はオレにビール一本だけおごってくれた。

我打算请父母去泡温泉。
両親を温泉に招待するつもりです。

同学上次请我吃饭,这次换我请客了。
同級生が前回メシをおごってくれたので、今回はオレがおごった。

国会议员请选民客去旅游违法吗?
国会議員が有権者に旅行をおごったら(旅行に招待したら)違法ですか。


 中国社会ではおごり、おごられが基本。割り勘はやっぱり嫌われます。自分がおごるのか、おごられるのか、咄嗟に混乱しないように?「请(客)」の使い方に慣れておきましょう(笑)。けっこう重要な中国語です。

かわいくおごられて気持ちよくおごる方法 [ はあちゅう ]



関連記事
スポンサードリンク


本内容は、個人的理解に基づいています。誤りや補足などがありましたらご指摘ください。"

コメント

コメントの投稿

非公開コメント